作曲家・ピアニスト/平良伊津美の音楽エッセイ

新しい音楽の形を模索していきます。

シューベルト「ミサ曲第5番」2017.7/30

2017-07-31 09:34:42 | 音楽
埼玉第九合唱団第86回演奏会が行われました。

演奏曲目は、シューベルト作曲交響曲第7番ロ短調D759「未完成」
そして、シューベルト作曲「ミサ曲第5番」変イ長調D678

指揮:田尻桂、管弦楽:東京ニューシティ管弦楽団 オルガン:渡邊宏美
独唱〇ソプラノ 日比野 幸 〇アルト 城守 香 〇テノール 松原 陸 〇バス 原田 圭
合唱…埼玉第九合唱団
会場:ソニックシティ大ホール

まずは、「未完成」から。

2楽章の構成です。懐かしいメロディーで始まり、静かに終わる。第2楽章は、展開部のないソナタ形式。大変美しい作品です。

そして、「ミサ曲第5番」変イ長調D678

ミサ曲とは、カトリック教会のミサ(感謝の祭儀)に伴う声楽曲です。

ソリストと合唱の掛け合いが、曲全体を通しての聴きどころです。
「キリエ」
「グローリア」
「クレド」
「サンクトゥス」
「ベネディクトゥス」
「アニュス・デイ」

全体には、明るい感じのミサ曲でした。

ソリストの歌声も、素晴らしかったです。

今度は、モツレクに取り組むらしいです。

良い演奏会でした!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017夏 ファミリーコンサー... | トップ | 「小景異情」その二 7/16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。