作曲家・ピアニスト/平良伊津美の音楽エッセイ

新しい音楽の形を模索していきます。

トーク&コンサート リゲティ”エチュード” それはピアニストへの挑戦状?贈り物?10/13

2016-10-14 09:04:21 | 音楽
解説に、北爪道夫さんを、迎えて、トークと演奏を織り交ぜながらの、イベントでした。
リゲティは今年、没後10年です。

まずは、「2台のピアノのための3つの小品(1976)より(3.穏やかに流れるような動きで)でした。
ピアノは、杉田雄大・菊池祐介先生でした。本当に流れるような曲想で、鮮やかでした。

次からは、本題のエチュードです。

練習曲集 第1巻(1985)より
第1番(無秩序)第4番(ファンファーレ)ピアノは、杉田雄大さんでした。演奏が素晴らしかったですね。学部3年生とのことでしたが、迫力ある演奏でした。右手は、白鍵、左手は黒鍵、でも合わせると綺麗なメロディになる、不思議な作品でした。

次は、練習曲集 第2巻(1988-1944)より、第8番(金属)でした。ピアノは、桜木蒼水さん、学部3年生です。
桜木さんは、手が小さくて、9度が沢山出てくるこの曲は、難しかったそうです。でも、きっちりとした演奏でした。

そして、第10番(魔法使いの弟子)です。この曲のタイトルは、デュカスの曲で有名ですが、リゲティも同じタイトルで作曲しちゃったそうです。ピアニストは、槙 和馬さん、学部1年生です。槙さんがこの曲を選んだ動機は、はじめの方が、初見で弾けるくらい簡単だったからだそうです。後半になってから、ポリフォニックになっていき、難しくなったのだそうです。でも、演奏は凄かった!自分でも、この曲だったら弾けるかも、と思いました。

最後に、菊池祐介先生による演奏、練習曲第1巻より、第6番(ワルシャワの秋)です。ハンガリー出身のリゲティが、ワルシャワを取り上げたのは、よくわかりませんが、壮大な曲でした。

練習曲集は、3巻まであるそうです。今回は、3巻はなしでした。

最後に、菊池先生が、短い作品を弾いてくださいました。

クラシックには、珍しい、休憩なしの2時間のレクチャーでした。大変、刺激になりました!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さよなら、アドリブ | トップ | New Sound scape '96~ 第14... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。