アバウトなつぶやき

i-boshiのサイト:「アバウトな暮らし」日記ページです

ベルギーの奇想の系譜展

2017年06月30日 | かんしょう
先週、兵庫県立美術館で開催中の「ベルギー寄贈の系譜展」を観てきました。




せっかく神戸に行くんだからIKEAに寄るつもりなんだ、と言ったら長男も付いてきました。長久手店の完成は秋まで待たなきゃだし、開店してもしばらくは混雑しそうですしね。
美術館には興味がないからどうしようと言っていた長男ですが、この展覧会の看板を見たら「面白そうだから一緒に行くわ」と同行してきました。
だよね、面白そうでしょう?


▲海側の景観、ヤノベケンジの《Sun Sister》。なぎさちゃんって愛称があるらしい(笑)
初めて行った兵庫県立美術館。「芸術の館」と呼ばれる安藤忠雄が設計したコンクリート打ち放しの建物が印象的です。


▲16mぶち抜きのエレベーターホールの吹き抜けはなかなかの迫力です。

ベルギーの奇想、というタイトルだったのでベルギー出身の作家を紹介する展覧会かと思っていましたが、この展覧会はベルギー・フランドル地方とその周辺地域で発達した幻想絵画の流れを国籍は問わずに追う構成です。
今回の目玉はなんと言ってもヒエロニムス・ボス工房(この時代=中世は日本同様、工房での製作が基本)の《トゥヌグダルスの幻視》でしょう。ボスの作品は40点程度と言われており、大変稀少です。
宗教画として「七つの大罪」を描いていますが、登場する奇妙な生き物たちは非常に個性的でユーモラス。これを生かして展覧会用にCGが作られており、その一部を美術館のHPで見ることが出来ます。
現代人にとっては、残念ながら畏怖の対象と言うより娯楽の対象のようです(ーー;)
ボスは↓の《快楽の園》が有名ですが、この絵を見ても地獄絵を見たときのように恐ろしい気持ちになると同時に楽しいと思ってしまう。

▲ヒエロニムス・ボス《快楽の園》

ボス以降、ボス派の画家やブリューゲル(父)、クノップス、ジェームス・アンソール、と続きます。そして、デルヴォーとマグリット、ヤン・ファーブル。
どれも幻想的な作品ばかりで、刺激的でもあり夢見心地でもあるような展覧会です。
ちなみにブリューゲルは「七つの大罪」と呼応するかのように「七つの徳目」という愛徳や正義をテーマとした作品も描いていましたが、見ていて「真面目な徳目シリーズよりめちゃくちゃな大罪シリーズのほうが面白いな」と思ってしまいました。いや、その、娯楽としては、はい。

非常に楽しめたため、図録を買って帰ったら珍しく長男に見せてほしいと言われました。どうやら長男もかなり面白かったらしい。
今回私の印象に残ったのは上記の画家のほかにはフェリシアン・ロップスという画家です。
悪魔的、と表現されるその作風は官能的であり退廃的。画面構成が美しいために醸し出す毒はなおさら際立っていました。



↑これは美術館前の道で、そのまんま「ミュージアムロード」と呼ばれています。うーん、港町っぽい。
神戸の街もそこそこに帰ってきましたが、十分に楽しめました。最近、遠出しても目的だけ果たしたら寄り道せずに帰るようになってきたなぁ、と思う次第。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エドワード・ゴーリーの優雅... | トップ | 大エルミタージュ美術館展と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かんしょう」カテゴリの最新記事