アバウトなつぶやき

i-boshiのサイト:「アバウトな暮らし」日記ページです

ゴッホとゴーギャン展

2017年02月18日 | かんしょう
今年の新春からの愛知県美術館、注目展覧会「ゴッホとゴーギャン展」を観に行ってきました。

↑はペアチケット前売り券のリーフレットの表紙と裏表紙で、

↑こちらはその折り込み内部の見開きページです。
2枚綴りのチケットの図案はそれぞれ左側にある、ゴッホの描いた《ゴーギャンの椅子》と、ゴーギャンの描いた《肘掛け椅子のひまわり》でした。
展覧会を見終えてからこの2作の意味を考えると切なくなるという…。

リーフレットを何種類も作るのは最近の流行りなのか、この展覧会も会場で2種類見かけました。
 
両方ともゴーギャンの絵を見出しに使っていたので、もしかしたらゴッホバージョンとかもあるのかな?
表の絵だけを差し替えてて、裏は同じ構成です。



平日のあさイチでしたが結構な入場者でした。団体さんとかも来るようで さすが有名どころ、という感じ。

有名といえばゴッホとゴーギャン、共同生活の末の耳切事件なわけですが、興味を持って知ろうとしない人間にはこの事件が曲解されているのだと思い知らされます。私、「友人に対してヒステリーを起こしたゴッホがあてつけに耳を切って、恨みの深さをぶつけるために送り付けて縁を切った」んだと思ってたんです。いやぁ、知らないってコワイ。
自信ないから人に話したことなかったけど、あやうく話してたら恥かくとこだったわ。

ヒステリーを起こしたってのは当たらずしも遠からじって感じですが、耳は実際は知人の娼婦に預けていてゴーギャンに届けたわけではないし、衝突はあったものの決して恨みという感情ではないようです。また、縁も切ったわけではない。

この展覧会は二人の関係性を描く、ということになっていますが、実際に見終えてみると伝わってくるのはゴッホのゴーギャンへの思慕がほとんど。
お互いに影響を及ぼしあったということは分かるのですが、共同生活の頃の紹介や作品を見ているとゴッホからはゴーギャンがやってくる、と椅子を買ったり部屋を飾ったりしてウキウキしてる感じが伝わるのにゴーギャンからはそういう感じは伝わってこない。親しい画家の友人が絵を描くのに良い環境を紹介してくれたからぜひお邪魔しよう、という感じ? 
自分を慕ってくる後輩画家の多かったゴーギャンにすればゴッホは画家の仲間の一人だったのに対し、ゴッホはクレバーなゴーギャンに魅せられていたって気がします。
ゴッホは純粋な人だったんだなぁ、としみじみ。
精神的に病弱であったことも含め、繊細であったことを知ってから彼の描く糸杉や星空を思うと一層美しく感じてしまうものなんですねぇ。

二人の関係性以外の視点として、どのように画風が変化してきたかもよくわかりました。
特にゴッホはいつ頃、誰に影響を受けたのかが分かりやすい展示でした。
黄色い家に住んでいた頃、黄色がお気に入りだったのが伝わって、私まで黄色が好きになって帰ってきました。


さて、会場を出てからミュージアムショップを見てたらいろいろ面白いグッズがあって楽しかった。

この、ホットチョコレート用のスティックは他所でも見たことあったんですが、この展覧会でピックアップされてるのはグッド♡な感じ。ゴッホの絵はマグカップに合うし、黄色が暖かくて飲み物が美味しそうに見える。


あと笑えるのがゴッホ、ゴッホ、で龍角散の咳止めに引っ掛けた風邪予防グッズが出てたこと。
時期といい洒落といい、秀逸だなぁ~と思った次第。買ってきたらよかった、とちょっと後悔してます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再発見!ニッポンの立体展

2017年02月08日 | かんしょう
1月のことになってしまいましたが、シロウタと三重県立美術館で開催中の「再発見!ニッポンの立体展」を観に行ってきました。



土偶から始まり、仏像、人形、フィギュア他いろんな立体物を展示しています。



明治時代に西洋の芸術思想が日本に伝わるまでの日本の造形物は芸術といえるのか?という視点の展覧会のため、生活と密着した展示物がほとんどです。
土偶や仏像などは宗教的な意味合いが強いので生活感はさほど感じないけれど、招き猫やペコちゃん人形を芸術と呼ぶのは私にとって難しい分野。
でも、浮世絵や土産店で売られている工芸品の中には感嘆するほどの斬新さ、デザイン性、技術の高さを備えているものは多く、芸術で無いとは決して言えない。
そう考えると招き猫やペコちゃん人形もデザイン性が高いという点ではあながち芸術と呼べなくも無いのです。
希少であることに価値が付加されて「芸術品」となった大衆作品は多いわけで、芸術とはいったいなんだろう?という謎は深まるばかり。
結果として芸術は思想という結論に行き着くわけで、、、 なんにせよ、自分の好きなものを好きであると言えることが人生の幸せにつながるわけですよ。
決して珍しい「希少価値」のある作品は多くありませんが、芸術について考えさせられる展覧会でした。


閑話休題。展示物の出展に静岡市芹沢銈介美術館蔵のものがたくさんありました。
芹沢銈介ってどんな好事家かと思ったら、染色家の方だったんですね。美術館は氏の作品と収集物の両面からの展示をしているようです。
そして、美術館の所在地は登呂。土偶や埴輪が似合いそう(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安藤七宝店

2017年02月08日 | かんしょう
先日名古屋へ出かけた際に、宮内庁御用達の安藤七宝店(名古屋店)に行ってきました。


以前、「超絶技巧!,明治工芸の粋」展で百華文七宝大壷(ひゃっかもんしっぽうたいこ)を観て以来、一度訪ねてみたいと思っていたんです。


▲安藤七宝店製造 林喜兵衛,作「百華文七宝大壷」

七宝焼きはガラス釉薬のもつ質感と発色がとても綺麗。そこにデザインの良さが加わるとホント宝物のような美しさです。
現代において七宝焼きは家財のメインから外れている気はしますが、手間と技術を要する工芸なのは間違いなく、名品は非常に高価。
焼き物という点で陶器や磁器とも比較できそうですが七宝焼きはそれらに比べて手間が格段に多く、それぞれの工程に熟練の職人が必要です。そういう点で、作家だけでなく製造所が注目されることになります。

安藤七宝店、栄のGAPの隣にある狭い路地を入った奥にあります。
アプローチもなかなかですが、店から見える中庭が高級感を漂わせています。


一般の販売店舗からつながる廊下の奥には、名品を揃えた部屋と、安藤七宝店のコレクションを展示している「七寳蔵部(しっぽうくらぶ)」があります。


大正時代に建てられた落ち着いた蔵の中に明治時代以降の名品が並んでいます。
入館料は大人300円ですが、店内でお買い物をすれば無料。決して美術館のような大きな規模のものではありませんが、ゆっくり眺められる雰囲気は抜群です。
誰も居ないし監視カメラもないので写真を撮りたかったけど、ご遠慮くださいって書いてあったので我慢、我慢。
前述で紹介した超絶技巧と呼ばれる細かい細工の七宝はもちろんですが、ここの2階で胸を打たれるくらい美しいブルーの壺を見ることができました。
瑠璃色という名前が付いていましたが、ラピスラズリよりもトルコ石に近い色をしたセルリアンブルーにトルコ風の文様の入った壺で、上からライトを照らしているのに下から光っているかのようなグラデーションです。
透明感を感じるその仕上がりの感動をお店の人に伝えたら、「普通の七宝焼きは体部が銅ですが、あの壺は銀でできているんです。だからあんな光るような透明感が出るんですよ」と教えてくれました。
ものすごく綺麗だったので、また見たい。


▲廊下にあった技法が一覧できるパネル。ここは撮影オッケーでした。

七寳蔵部のリーフレットを読んだら「このような名品の数々は、国内外の愛好家の垂涎の的ですが、科学・経済の発展した現代でさえ、再び製造することは困難であるとされています。」と書いてありました。そうなんだ、やっぱり現代でこのクオリティを保つ名工を揃えることは難しいんですね。残念なことです。
美術館や博物館でも観ることが出来る七宝の名品ですが、買い物のついでに隠れ家的な場所で観るのもなかなかオツなものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユトリロ回顧展

2017年02月02日 | せいかつ
松坂屋美術館で開催中のユトリロ回顧展を観てきました。

▲チラシを飾る《可愛い聖体拝受者》は「白の時代」の代表作


私は特にユトリロに興味を持って観たことが無く、叙情的な建物が並ぶ風景を描く人として捉えていました。
今回足を運んだのは回顧展ということで画家の全体像を確認できるかも、と思ったと同時に、少し前にルノワール展でユトリロの母親のヴァラドンがモデルの「都会のダンス」を観たことでユトリロの人物像に興味がわいたこともありました。

▲ピエール=オーギュスト・ルノワール《都会のダンス》
 モデルは当時18才のユトリロの母、シュザンヌ・ヴァラドン。この時ユトリロを身籠もっていたためルノワールが父親という説もあるけど、複数の人と付き合っていたので真偽は不明。


で、私の感想を一言でまとめると「ユトリロって不幸な人だったんだ、知らなかった」でした。
エコール・ド・パリを代表する画家なので美術愛好家ならよく知ってることかも知れないけど、私は知らなかったんです。ユトリロの生い立ちも画業も。

母親の愛情が無いとは言わないけれど、恋多き母の元で育ち、アルコールに溺れ奇行に走り、ある時期友人は母親と結婚し、画家として成功するもその友人と母に報酬は搾取され、結婚相手は母親の薦めた女性。
風景画がほとんどで人物画は無く、初期の作品の街並みに人影はありません。風景に人物が描かれるようになっても、まるでLEGOの人形のように単なる点景でしかなく、人間に対しての愛情や信頼を感じさせる絵はまったくありませんでした。
ただ、結婚相手の女性リュシーとは知り合ってから10年後に結婚していますが(知り合った当時はまだご主人が存命だった)、この夫婦と知り合ってから花の絵を描くようになった、というエピソードが紹介されていたので、リュシーに対する愛情が無かったとは思いたくありません。
「白の時代」の後「色彩の時代」と呼ばれる作風に変化していきますが、それを経て40~50代になると絵に生活感を感じ取れるようになってくる気がしました。人物が点景なのに変わりはないのですが、配置が点在していたり門が開いていたりして動きがあるものが増えてくるようでした。晩年は、多少なりとも穏やかだったと思いたい、、、でないとなんか悲しい気持ちになっちゃう。


ユトリロは「白の時代」と呼ばれる20代~30代初の作品の評価が高い、というのはよく分かります。寂しいけれど美しい街や建物の佇まいがあるからです。

エドモン・ジャルーという評論家が「フェルメールがデフルトを、ホイッスラーがロンドンを、ユトリロがパリを有名にした」と言うような言葉を残しています。
実際、ユトリロに描かれるまでサン=ピエール教会やサクレ=クール寺院のある辺りは今のように美しいとされる地域ではなかったそうです。
ユトリロ以降、モンマルトル一帯がパリの中でも美しい街並みと称されるようになっていったとか。

ユトリロは同じ場所を繰り返し描いていますが、居酒屋風の酒場になったりレストランになったりした「ラパン・アジル」のある場所もそのひとつ。

▲1910-12年頃のラパン・アジル(ユトリロ27-29才頃)

▲1936-38年頃のラパン・アジル(ユトリロ53-55才頃)
この構図、好きです。この絵だけを比べても、晩年の方がより(雪の風景とは言え)優しい気がします。

展示数は80点ですが、ユトリロ-ヴァラドン委員会のセドリック・パイエ氏監修という回顧展。少なからずユトリロの人物像に迫っているのではないでしょうか。
現在、名古屋は「ゴッホとゴーギャン展」の方が注目されていてこの展覧会はあまり紹介されていないのですが、やはり大御所。平日なのに結構な入場者でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉田博 木版画展-抒情の風景

2017年01月19日 | かんしょう
ただいま名古屋ボストン美術館で開催中の「MOA美術館所蔵 吉田博 木版画展-抒情の風景」を観てきました。

あのダイアナ妃が愛した日本の版画があった!作者は吉田博(ひろし)。もともと水彩画・油彩画で腕をふるっていたが、49歳で木版画の道へ。なぜ?知られざる魅力とは?

水面に写る船の影のゆらめき。山頂に朝日があたる一瞬の光…。ダイアナ妃が執務室の壁にかけていたのが吉田博の木版画。水の流れや光のうつろいを驚くほど繊細に表した。博は大正・昭和に傑作を生んだが、日本ではほとんど知られていない。それはなぜ? 水彩・油彩で才能を発揮していた博は、49歳で木版画を始める。西洋画の微妙な陰影を版画で表現しようという前代未聞の挑戦だった。その超絶技巧を徹底解明、魅力を探る!

日曜美術館でこんな風に紹介されていた吉田博。
※ちなみに次回1/29はアンコール放送なので「木版画 未踏の頂へ~吉田博の挑戦~」を再び見ることができます。

現在、生誕140年ということで各地で吉田博巡回展が開催されています。
そちらは彼の画業を振り返る構成で肉筆画を含むようですが、名古屋で開催されているこの展覧会はMOA所蔵の版画が中心で水彩や油彩画は観ることができません。それはちょっと残念。

最近は美術館もメジャーになりつつあって、アート業界では国内であまり知られていない芸術家を発掘する動きが盛んなように思います。
昨年、5時間待ちという恐ろしい記録を作った伊藤若冲も近年発掘された画家。そういう点では吉田博もその一人でしょう。「ダイアナ妃お気に入り」という謳い文句があるのでメジャーになる素質は十分という気がします。

名古屋ボストン美術館、展覧会のリーフレットに力を入れてるなぁと感じます。
普段からA4数枚分に当たる折り込み・見開きタイプのしっかりとしたリーフレットなんですが、今回は紙の質を変えて2タイプのチラシを作り、そこにプラスして来場者には作品目録とは別に「吉田博と巡る 全国名所の旅」というリーフレットを配る構成です。このリーフレット欲しくて観に来ちゃう人がいるかも、と思えるなかなかの出来です。


▲マットな質感の紙を使い「光る海」をピックアップしたチラシ


▲ツヤコートタイプの紙を使い「亀井戸」をピックアップしたチラシ。裏面はこの2つの絵を差し替えています。

吉田博の版画は版画とは思えないほど色が深くて美しく、驚くほど光の輝きを感じます。
今回、水彩画は展示されていなかったので印刷物の彼の水彩作品を見たのですが、水彩の持つ質感と日本の風土がとても合致した素晴らしい作品を描いていました。
そして、それを木版画という違う技術で再現する技術の高さに驚かずにはいられません。
自費で専属の職人を雇い、普通の木版画が30回程度の刷りで上がるところを吉田博の木版画は多いものでは96回の刷りを重ねているというのですから驚きです。
しかし、それだけの熱意とこだわりがあったからこそあの微妙な色合いを表現することができたのだと頷けます。
水の映り込み、乾いた石、夕日に染まる空間、さざ波のゆったり感、水の泡立ち、しっくい壁、水たまり、、、。
どれもその質感と美しさを十二分に表現しています。
また、ある作品では手前に桜が咲き乱れ奥に建物のある様子が描かれていたのですが、まるで建物にピントを合わせて撮った写真のように手前の桜がぼやけていて、版画の表現の多様さを感じました。



▲来場時にいただいたリーフレット。今回の展覧会の内容を上手にまとめてあります。

版画は色んな場所で見れるという利点がありますね。
肉筆画にも興味があるのですが、木版画だけでも十分に堪能することができたので今回は十分です。また機会があれば彼の作品をもっと観たいと感じる展覧会でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石垣定哉展

2016年11月13日 | かんしょう
先日、シロウタを誘って三重県立美術館で開催中の石垣定哉 展に行ってきました。

石垣氏は三重県員弁郡東員町出身の画家です。私は馴染みがなかったのですが、身近な方の作品を知らないのはもったいないので足を運ぶことにしました。

県内の庁舎や公共の施設では結構作品を見ることができるらしく、シロウタは知ってましたが…私、気にしたことなかったわ。
なんか見たことあるような作品、って印象だけでした。正直。

リーフレットの作品にしてもそうなんだけど、ぱっと見た感じでは色の配色を楽しむ抽象画なんだと思ってました。
が、展覧会で解説を読み、作品の画題を見ながら鑑賞したら全く違うものに見えてきてオドロキです。シロウタも同じような印象だったらしく、二人で盛り上がりました。

展覧会の導入が、洋画界で注目を集めるようになったマンハッタンをテーマにした作品だったのですが、まずはエンパイア・ステートビルの具象画から始まります。それに続きマンハッタンの街並みを抽象化した絵が紹介されているのですが、初めにニューヨークを描いているとわかってその絵を見ると、ただの配色に見えていた絵が街並みをデフォルメしたものだっていうのがよくわかって、もう街並みにしか見えなくなってしまう。解説って大事だわ~、って感心します。
そういう手法で描かれているってわかると、他の作品も謎解きのように見れてとても楽しい。
我々が行ったタイミングは他に来場者がほとんどいなかったこともあり、自由に感じたことを話しながら見ることができて気楽でした。
ゆっくり楽しめる展覧会なので、地元の方にもっと知ってもらいたいですね。

あ、そうだ。
前回の記事を読んだのか、シロウタさんてば私の足を気遣って車いす用意しておいてくれました。ありがとう。
そして分かったこと、、、車いすってありがたいけど、自分で操縦できないタイプは介助の方が必要になるので気を使います。三重美さん、自走できるタイプの車いすもご用意されたほうがよろしいかと存じます。
私は来週にはギプス外れる予定なので次に使うのがいつになるかわかりませんが、他に「足に支障があっても上半身は元気」な人のためにぜひご一考を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大観・玉堂・龍子展 -循作「雪月花」「松竹梅」によせて

2016年11月02日 | かんしょう
ただいまパラミタミュージアムでは大観・玉堂・龍子展 -循作「雪月花」「松竹梅」によせてが開催中。

観に行ったところ、人気どころの展覧会なので平日でもそれなりに入場者があります。休日だともっと多いかも。
大観は人気あり過ぎの整った絵、玉堂は田舎の描写が絶妙で純朴な感じが落ち着く画家、というそれぞれのイメージがあったのですが龍子については特に気にしてなかったので先入観無しで見る事が出来ました。


私が川端龍子を観て思ったのは「人物の目に力があり、情景には透明感がある」ということ。
特に水と魚の表現は美しい。
大観と玉堂は同世代で、龍子がそれより10数歳若いという関係です。この3人は「三つの画題を同じ3人の作家に割り振り毎年順番に画題をずらして3年で全体が完成する」という趣向の循作展を開催していました。
その際に3人が合作した「松竹梅」「雪月花」の書が展示されていて、3人共がこの展覧会を楽しみにしていたのが伝わってきます。
共通のテーマでありながら、それぞれが与えられたお題を描き、それを並べて展示することで個性の違いはハッキリと分かるのに調和するという楽しい表現が成り立っていました。

今回、川端龍子の作品の中で2番目に気に入った『梅「水温む」』というお軸がパラミタミュージアムの所蔵という事なので、この先も度々見る事が出来そうで嬉しい。
ちなみに一番気に入ったのは人物の目力がすごい『真如親王』って作品。こちらは大田区立龍子記念館蔵なので次に見れるのはいつの事やら。

おまけですが、私、先週の月曜日に階段を踏み外して右足首の靭帯断裂でギプス生活中です。
足を着いても良いと言うし松葉杖をつくのは腕が疲れるので右足引きずって歩いてるんですが、やっぱり長く歩くと疲れます。
午前中に中学校の文化祭を見学に行ってちょっとお疲れだった事もあり、美術館では車椅子をお借りしました。
それでわかった事ですが、大抵の鑑賞には支障ないのですが、工芸のような作品になると上から見ることが出来ないんですね。
些細な事で、健常の状態でないという事は多数派より不便を余儀なくされる事に気付きました。
美術鑑賞程度ならちょっとの事ですが、生活の中で多くの方が不便を感じている場面は多いのでしょうね。そういう事に配慮しながら生活できるようになりたいと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

2016年10月28日 | かんしょう
四日市市立博物館に、2年毎にやってくるこの絵本原画展。先々週ワダちゃんと観に行ってきました。
絵本展は恒例なのでもうアップするのをやめておこうかと思ったんだけど、せっかくリーフレットをダウンロードしたのであげておきます。




絵本展はのんびりと内容も楽しみながら回ることができます。
今回は50回目の記念の年ということで展示がいつもより充実してる気がします。過去の展覧会を振り返った説明板に描かれてる渡辺美智雄氏のイラストがかわいかった♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺たちの国芳わたしの国貞展

2016年10月04日 | かんしょう
先月の半ば、まっちゃんのダンス発表会が名古屋の金山であったので、名古屋ボストン美術館に寄って「俺たちの国芳 わたしの国貞」展を観てきました。


この展覧会は会期が長い!
浮世絵は気楽に見れる分野なのでふらっと行くのにイイです。…とはいえ、美術館にふらっと入る人が多かったら名古屋ボストン美術館が2018年度で閉鎖なんて話は出なかったんだろうけど。


国芳・国貞はフルネームだと「歌川国芳」と「歌川国貞」。二人とも歌川門派です。
歌川っていうと歌川広重が有名で葛飾北斎と比較されがちだけど、この展覧会は歌川豊国の兄弟弟子の二人を比較。
武者絵の国芳と美人画の国貞ということで、「俺たち」「わたし」のタイトルになってます。

紹介の仕方がとても上手く、キャプションにカタカナ表記のルビが入っています。
「大衆文化」はポップカルチャー、「髑髏」はスカル、「畏怖大海原」はホラー・オブ・ウォーター、「当世艶姿考」はアデモード・スタイル。「英雄」=ヒーロー、「役者」=スター、「美人」=モデル、、、と徹底して現代風に言い換えていて「初心者(ビギナー)」から「通(ファン)」まで楽しめるように工夫されています。
この時代、ヨーロッパで熱狂的に愛されたのが当然ともいえる、美しい浮世絵が並んでいます。
下絵が素晴らしいのはもちろんですが、こんな細かいのが木彫版画なんだから職人ってホントすごい。
写真や印刷ではわからない空摺り(エンボス加工)とかも華やかさを際立たせているので、頒布物だから図録もイイんだけどやっぱり本物を見てほしいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポール・デルヴォー版画展 ~幻想のヴィーナスたち~

2016年10月03日 | かんしょう
中学校の校外指導のために今日の仕事は遅刻…と思ったけど、休むことにしちゃってお出かけを入れました。

行先は、ただいまポール・デルヴォー版画展を開催中の大垣スイトピアセンターのアートギャラリー。
ここは公共施設には珍しく火曜日がお休みで、月曜日に行っても大丈夫なのです。




▲このリーフレットも先日のダリ展同様カットが施されていて、こちらはシルバーインク使用。最近のリーフレットは工夫されてるのが多くていいですね。
 スキャンしたら処分してるけど、捨てるの惜しい気がしてきた。


もういいかな~と思っても、ポール・デルヴォーはやっぱり観に行ってしまうなぁ。
彼が版画を手掛けたのは晩年のことなので、シュールレアリスムとはちょっと違う作品ばかりです。でも、彼の世界観のままに不思議で神秘的な雰囲気の女性が描かれています。

彼の描く背景は彼自身の思い出の場所がモチーフになっていることが多いらしいです。私と彼の人生で似た部分があるとは到底思えないのに、なぜか彼の絵(画)の背景には入り込むことができます。相性が良いのかな。
他の画家の描く美しい風景画や奇妙な背景を見ても、その背景に生きる人物はその画家の描いた人物というのが通常の感想です。
けれど、なぜかポール・デルヴォーの背景には入り込める。あんな裸でギリシャ彫刻みたいな女性が描かれてる、書き込みの少ない背景なのに本当に不思議。
あの女性たちに私が人間味を感じていないってことなのかもしれないけれど、画として受け止めた時にはあの女性たちの存在感を無視できるはずもないというか、女性の顔しか目に入らないくらいなのに。。。
また今日も不思議な感覚にさせてもらいました。

ところで、この展覧会の図録が思いのほか素敵で気に入ってます。
 
B5サイズ相当のコンパクトさで、黒地に金文字。そして側面も金ピカでとてもキレイ。

大垣の街は初めて行ったけど、いいところでした。
大垣城の城下町の雰囲気も残しつつ、水郷の町として環境を大事にしているのが伝わってきました。
スイトピアの「スイ」=「水」とは知らなかった。

利用者が少なくてもったいないなぁ、って思いましたが、私としてはゆっくり楽しめて良かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加