アバウトなつぶやき

i-boshiのサイト:「アバウトな暮らし」日記ページです

石垣定哉展

2016年11月13日 | かんしょう
先日、シロウタを誘って三重県立美術館で開催中の石垣定哉 展に行ってきました。

石垣氏は三重県員弁郡東員町出身の画家です。私は馴染みがなかったのですが、身近な方の作品を知らないのはもったいないので足を運ぶことにしました。

県内の庁舎や公共の施設では結構作品を見ることができるらしく、シロウタは知ってましたが…私、気にしたことなかったわ。
なんか見たことあるような作品、って印象だけでした。正直。

リーフレットの作品にしてもそうなんだけど、ぱっと見た感じでは色の配色を楽しむ抽象画なんだと思ってました。
が、展覧会で解説を読み、作品の画題を見ながら鑑賞したら全く違うものに見えてきてオドロキです。シロウタも同じような印象だったらしく、二人で盛り上がりました。

展覧会の導入が、洋画界で注目を集めるようになったマンハッタンをテーマにした作品だったのですが、まずはエンパイア・ステートビルの具象画から始まります。それに続きマンハッタンの街並みを抽象化した絵が紹介されているのですが、初めにニューヨークを描いているとわかってその絵を見ると、ただの配色に見えていた絵が街並みをデフォルメしたものだっていうのがよくわかって、もう街並みにしか見えなくなってしまう。解説って大事だわ~、って感心します。
そういう手法で描かれているってわかると、他の作品も謎解きのように見れてとても楽しい。
我々が行ったタイミングは他に来場者がほとんどいなかったこともあり、自由に感じたことを話しながら見ることができて気楽でした。
ゆっくり楽しめる展覧会なので、地元の方にもっと知ってもらいたいですね。

あ、そうだ。
前回の記事を読んだのか、シロウタさんてば私の足を気遣って車いす用意しておいてくれました。ありがとう。
そして分かったこと、、、車いすってありがたいけど、自分で操縦できないタイプは介助の方が必要になるので気を使います。三重美さん、自走できるタイプの車いすもご用意されたほうがよろしいかと存じます。
私は来週にはギプス外れる予定なので次に使うのがいつになるかわかりませんが、他に「足に支障があっても上半身は元気」な人のためにぜひご一考を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大観・玉堂・龍子展 -循作「雪月花」「松竹梅」によせて

2016年11月02日 | かんしょう
ただいまパラミタミュージアムでは大観・玉堂・龍子展 -循作「雪月花」「松竹梅」によせてが開催中。

観に行ったところ、人気どころの展覧会なので平日でもそれなりに入場者があります。休日だともっと多いかも。
大観は人気あり過ぎの整った絵、玉堂は田舎の描写が絶妙で純朴な感じが落ち着く画家、というそれぞれのイメージがあったのですが龍子については特に気にしてなかったので先入観無しで見る事が出来ました。


私が川端龍子を観て思ったのは「人物の目に力があり、情景には透明感がある」ということ。
特に水と魚の表現は美しい。
大観と玉堂は同世代で、龍子がそれより10数歳若いという関係です。この3人は「三つの画題を同じ3人の作家に割り振り毎年順番に画題をずらして3年で全体が完成する」という趣向の循作展を開催していました。
その際に3人が合作した「松竹梅」「雪月花」の書が展示されていて、3人共がこの展覧会を楽しみにしていたのが伝わってきます。
共通のテーマでありながら、それぞれが与えられたお題を描き、それを並べて展示することで個性の違いはハッキリと分かるのに調和するという楽しい表現が成り立っていました。

今回、川端龍子の作品の中で2番目に気に入った『梅「水温む」』というお軸がパラミタミュージアムの所蔵という事なので、この先も度々見る事が出来そうで嬉しい。
ちなみに一番気に入ったのは人物の目力がすごい『真如親王』って作品。こちらは大田区立龍子記念館蔵なので次に見れるのはいつの事やら。

おまけですが、私、先週の月曜日に階段を踏み外して右足首の靭帯断裂でギプス生活中です。
足を着いても良いと言うし松葉杖をつくのは腕が疲れるので右足引きずって歩いてるんですが、やっぱり長く歩くと疲れます。
午前中に中学校の文化祭を見学に行ってちょっとお疲れだった事もあり、美術館では車椅子をお借りしました。
それでわかった事ですが、大抵の鑑賞には支障ないのですが、工芸のような作品になると上から見ることが出来ないんですね。
些細な事で、健常の状態でないという事は多数派より不便を余儀なくされる事に気付きました。
美術鑑賞程度ならちょっとの事ですが、生活の中で多くの方が不便を感じている場面は多いのでしょうね。そういう事に配慮しながら生活できるようになりたいと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

2016年10月28日 | かんしょう
四日市市立博物館に、2年毎にやってくるこの絵本原画展。先々週ワダちゃんと観に行ってきました。
絵本展は恒例なのでもうアップするのをやめておこうかと思ったんだけど、せっかくリーフレットをダウンロードしたのであげておきます。




絵本展はのんびりと内容も楽しみながら回ることができます。
今回は50回目の記念の年ということで展示がいつもより充実してる気がします。過去の展覧会を振り返った説明板に描かれてる渡辺美智雄氏のイラストがかわいかった♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺たちの国芳わたしの国貞展

2016年10月04日 | かんしょう
先月の半ば、まっちゃんのダンス発表会が名古屋の金山であったので、名古屋ボストン美術館に寄って「俺たちの国芳 わたしの国貞」展を観てきました。


この展覧会は会期が長い!
浮世絵は気楽に見れる分野なのでふらっと行くのにイイです。…とはいえ、美術館にふらっと入る人が多かったら名古屋ボストン美術館が2018年度で閉鎖なんて話は出なかったんだろうけど。


国芳・国貞はフルネームだと「歌川国芳」と「歌川国貞」。二人とも歌川門派です。
歌川っていうと歌川広重が有名で葛飾北斎と比較されがちだけど、この展覧会は歌川豊国の兄弟弟子の二人を比較。
武者絵の国芳と美人画の国貞ということで、「俺たち」「わたし」のタイトルになってます。

紹介の仕方がとても上手く、キャプションにカタカナ表記のルビが入っています。
「大衆文化」はポップカルチャー、「髑髏」はスカル、「畏怖大海原」はホラー・オブ・ウォーター、「当世艶姿考」はアデモード・スタイル。「英雄」=ヒーロー、「役者」=スター、「美人」=モデル、、、と徹底して現代風に言い換えていて「初心者(ビギナー)」から「通(ファン)」まで楽しめるように工夫されています。
この時代、ヨーロッパで熱狂的に愛されたのが当然ともいえる、美しい浮世絵が並んでいます。
下絵が素晴らしいのはもちろんですが、こんな細かいのが木彫版画なんだから職人ってホントすごい。
写真や印刷ではわからない空摺り(エンボス加工)とかも華やかさを際立たせているので、頒布物だから図録もイイんだけどやっぱり本物を見てほしいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポール・デルヴォー版画展 ~幻想のヴィーナスたち~

2016年10月03日 | かんしょう
中学校の校外指導のために今日の仕事は遅刻…と思ったけど、休むことにしちゃってお出かけを入れました。

行先は、ただいまポール・デルヴォー版画展を開催中の大垣スイトピアセンターのアートギャラリー。
ここは公共施設には珍しく火曜日がお休みで、月曜日に行っても大丈夫なのです。




▲このリーフレットも先日のダリ展同様カットが施されていて、こちらはシルバーインク使用。最近のリーフレットは工夫されてるのが多くていいですね。
 スキャンしたら処分してるけど、捨てるの惜しい気がしてきた。


もういいかな~と思っても、ポール・デルヴォーはやっぱり観に行ってしまうなぁ。
彼が版画を手掛けたのは晩年のことなので、シュールレアリスムとはちょっと違う作品ばかりです。でも、彼の世界観のままに不思議で神秘的な雰囲気の女性が描かれています。

彼の描く背景は彼自身の思い出の場所がモチーフになっていることが多いらしいです。私と彼の人生で似た部分があるとは到底思えないのに、なぜか彼の絵(画)の背景には入り込むことができます。相性が良いのかな。
他の画家の描く美しい風景画や奇妙な背景を見ても、その背景に生きる人物はその画家の描いた人物というのが通常の感想です。
けれど、なぜかポール・デルヴォーの背景には入り込める。あんな裸でギリシャ彫刻みたいな女性が描かれてる、書き込みの少ない背景なのに本当に不思議。
あの女性たちに私が人間味を感じていないってことなのかもしれないけれど、画として受け止めた時にはあの女性たちの存在感を無視できるはずもないというか、女性の顔しか目に入らないくらいなのに。。。
また今日も不思議な感覚にさせてもらいました。

ところで、この展覧会の図録が思いのほか素敵で気に入ってます。
 
B5サイズ相当のコンパクトさで、黒地に金文字。そして側面も金ピカでとてもキレイ。

大垣の街は初めて行ったけど、いいところでした。
大垣城の城下町の雰囲気も残しつつ、水郷の町として環境を大事にしているのが伝わってきました。
スイトピアの「スイ」=「水」とは知らなかった。

利用者が少なくてもったいないなぁ、って思いましたが、私としてはゆっくり楽しめて良かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

'15日本のガラス展

2016年09月28日 | かんしょう
ただいまパラミタミュージアムでは'15日本のガラス展を開催中。

会期初めの8月の終わりごろにまず前期を観たのですが、ガラスの美しさにうっとり♡
そうだ、私ってガラスがすごく好きなんだった!てなことを思い出し、後期にも足を運んできました。


ガラス工芸協会主催のこの作品展。
3年ごとに開催されているようなのですが、1999年以来一般公募が行われていなかったようです。
公募作家の作品があったおかげで個性の違う作品をたくさん見ることができてとても楽しい!
ガラスの表現がたくさんあることを改めて認識します。



私はガラスは透明度の高いものが好ましく、ガレよりラリックが好きです。
もちろんエミール・ガレドーム兄弟も好きなんですが、あれはアール・ヌーヴォーのデザインがあってこそだと思ってます。そして、ランプのように灯りがあってこその美しさなのかなぁ、と。
いやいや、確かにランプは秀逸なんだけど、花瓶とかも素晴らしいですし。パート・ド・ヴェールもエナメル彩もやっぱり好きですし。
結局、ガラス作品全般好きなんですよねぇ。
透明感、光の反射、飴のような断面、個体より液体であると言われてきた神秘の物質。
ホント、ガラスって魅力的な素材です。

今回、「なんて素敵~!」とか「どれだけでも見ていられそう」と思ったのは上野ツカサ氏の『水の記憶』、磯谷晴弘氏の『泉』、海藤博氏の『光の器』、小林淑郎氏の『未来』、高木ひろ子氏の「想う」、中原司氏の「ゆれる」、藤井哲信氏の宙吹硝子三層盛器『アクア』、山本菜央氏の『一滴ずつ』、、、メモしたのはこんな感じですが、他にも素晴らしい作品、気に入った作品はてんこもりでした。
結局、作家のカタログみたいな気持ちで図録買っちゃったわ。

今までもこの作品展が巡回してたんだろうと思うと悔やまれます。もっと気にしてれば良かった。
次、3年後ですか。。。
次回も絶対観に行こうと誓った展覧会でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産 ポンペイの壁画展

2016年09月28日 | かんしょう
先日、会期の終了した「ポンペイの壁画展」。


先々週にシロウタと観に行ったんだけど、感想書く前に終わっちゃったのでもう細かい説明と感想は割愛。
他にも感想書きたい展覧会もあるので、後日、その気になったら再編集するということで。(なるんかいな)
とにかく「これが弥生時代に描かれてたなんて、文化水準が高すぎる!」と驚いてきました。



平日は写真撮影OKな展示がいくつかあり、記念なんだから撮っておこうと思って撮ってきたのがコチラ↓
  
「カルミアーノ農園別荘」の壁画を当時の別荘を再現した状態で展示しています。
 
▲こちらがキャプション。

当時の貴族の教養としてギリシャ神話は外せないらしい。
それで壁画に描かれているのですが、教養の足らない私としては分からない題材がいっぱい(涙)
里中満智子先生の描いたギリシャ神話、図書館で借りて全巻読んだはずなんだけど覚えてないのが悔やまれます。
  

楽しかったから、途中の写真スポットで写真撮ってきた。

衣装やら小道具やら置いてあるんだけど、みんな恥ずかしがってやる人なんていやしねぇ。
私がシロウタに撮ってもらってるところをケータイで撮ってる人がいたので「私なんか撮ってないで次どうぞ」って言ったら逃げられた。
阿呆になって楽しんだほうが良いと思うのですが、、、年甲斐なくてすみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダリ展

2016年09月03日 | かんしょう
新学期の始まった9/1、京都市美術館で開催中のダリ展を観てきました。

私は若いころは熱狂的にシュルレアリスムを追っかけてた時期があり、もちろんその対象にはダリがいました。
ダリが近代美術にハマったきっかけと言って過言ではありません。

▲記憶の固執(1931年) 中学生の時に教科書で見たキリコの形而上絵画とこの絵がそもそもの発端
本当に、シュールなものが好きだったんですよね、昔は。
理解できなくても、それに触れている間は自分の知的欲求が満たされている気分になって生きていることの実感が伴っている気がしたものです。
でも、家庭を持って子どもを育てたせいか生活により生きている実感が得られるようになってきた今。年くったせいもあり思索を要する絵画から離れがちになってきたワタクシとしては、ダリは気合を入れて見る対象ではなくなってきていました。
そのせいで今回京都でダリ展を開催すると聞いてもわざわざ足を運ぶまでもないかな、と思っていたのですが、気が変わったのはこちら↓のリーフレットのおかげ
 
先月のルノワール展を観に行った時においてあった国立新美術館のものなんですが、すごくダリっぽいデザインでイイ!
スキャンして加工もしてない画像なのでわかりづらいですが、これ、紙自体にうにゃうにゃとしたカットが施されています。で、そのカットが額縁のようにシンメトリーではなく不定形な形をしていてすごくダリらしい。表側の茶色く見えるベース部分も実物はブロンズがかったゴールドのインクでインパクトがあるのです。
マンガもCDもジャケ買いすることはほとんどない私ですが、このリーフレットを見たらすごくダリ展を見たくなりました。


▲京都市美術館のリーフレットは普通にA4定型。同じ展覧会でも巡回先で違いが結構あるんだと実感。

さて、展覧会の内容ですが回顧展ということもありダリの生涯を通じた活動内容を紹介していてとても幅広い展示になっています。
ダリ作品を観ることやダリ自身の事を知りたい人ならとても興味深い展示だと思います。
ただ、今の私にとってはちょっと物足らない展示で非常に残念でした。(このブログは私の日記なので主観です)
何より、私の一番好きなダリのモチーフである「燃えるキリン」が全然いなかった(泣)
いや、正確に言えば「燃えるキリン」は『シュルレアリスム的闘牛』のエッチングの中の1枚にいるにはいたんですが、首から上のキリンが
視線あちこち向けてよだれ垂らしてる絵で、「私の好きなクールで緊張感のあるキリンじゃなく、頭の悪い牛にしか見えん」と思ってしまった。
ダリの「活躍」がクローズアップされている展覧会な気がして、私向きではなかったかな。ダリの絵は同じモチーフが繰り返し使われているため、そこに焦点を当てて紹介する展覧会をやってくれたらちょっと嬉しい。(実際に見たら飽きるかな…)

同じモチーフといえばダリは縄跳びをする少女をよく描きますが、この少女が不思議の国のアリスの挿絵として使われていたのを今回初めて知りました。アリスとあの少女を同一として描くって、ダリって肝が据わってる。っていうか、芸術家って独自の解釈を堂々と発表できるからこそ芸術家なのかも。

▲縄跳びをする少女のいる風景(1936年)
私、キリコの「通りの神秘と憂鬱」はもちろん、小川未明の小説「金の輪」も好き。だからこれに神秘性を感じるのは言うまでもなく、不思議の国のアリスの「不思議」と呼応しているのは認めるけど、、、個性強すぎ。

あとはリトグラフ『ガラの晩餐』シリーズはとても面白かった。
テーマがはっきりしていてインパクトがあり、書き込みも細かくてデザインとしてのバランスも素晴らしい。そしてちゃんとグロテスクなのもダリらしいと感じました。

---
ダリ展を見てきたと職場で言ったらまっちゃんに「ダリって怖くないですか?」と聞かれました。
若いころの自分はとても不安定で、そんな時に不安にさせる絵を見ると「自分の持っている不安」が「絵を見ている不安」に置き換えられる気がして逆に落ち着いた。失恋した時に悲しい歌を聴くと慰められるのと同じ感じかな~、と言ったらとても納得されました。
彼女は絵を描く人なので、自分が描いたものの中で不気味な感じのする絵は相手を不快にさせる気がして発表せずにいたとか。けれど、描く時というのはそういう絵ほど集中して入り込んでしまうらしい。
不安な絵っていうのもちゃんと需要があるんだ、と思えたらしく今度から発表してくれそう。今回の展覧会を見た結果として、一番良かったことって実はこれかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルノワールの時代展

2016年08月06日 | かんしょう
昨日のこと。次男の中学では夏休みの宿題に美術館レポートがあります。どこでもいいから美術館へ足を運び、指定の用紙に感想を書き込むというモノ。
そこで部活で一緒の同級生たちを連れて、名古屋ボストン美術館へ行ってきました。
 素直なメンバーなのでちゃんと私の相手をしてくれて楽しい♪


平日の午前中にしては観覧客は多めです。でも、決して混雑と言うほどではありません。なのにうちの次男は「人が多くて観づらい」ってこぼしてました。一体どんだけ人混みに不慣れなんだ。


「ブージヴァルのダンス」は11年ぶりの名古屋ということ。
今回、日本にダンス3部作が揃っている、と賑わっている割にはこの絵の前に人だかりが無いってのは名古屋って感じです。この辺の人には「あ、また観れた」って感じなのかな。

印象派の作品が多いかと思いきや、18世紀の産業革命以降から20世紀初頭までのヨーロッパの都会と田舎の関係を紹介していくため様々な表現があってバリエーションに富んでいます。
たくさん気に入った作品があったのですが、まずはパリにきたアメリカ人画家の作品がとても気に入りました。

▲《カキ漁、カンカルにて》ジョン・シンガー・サージェント1878年
光の表現が素晴らしい。

私は先日のルノワール展の続きという気持ちで足を運んだのですが、この展覧会は「ルノワール」の名前が入っているものの主題はその「時代」にありました。名画を通して歴史を知るという構成です。
そのため、この頃に発達した写真も何点か出展されています。時代をそのまま切り取っている視点が大切な写真もあれば、写真技術を駆使して芸術性を求める写真もありました。
また、風刺画もありました。日刊新聞「シャリヴァリ」に掲載されたオノレ・ドーミエの風刺画はユーモラスなタッチで時代を表現しています。
大きく膨らんだスカートの流行を風刺する《冬の歳時記 第1図 雪空のクリノリン・スカート「お嬢さん、お払いしましょうか?」》は、傘からはみ出したスカートに雪が積もっている様子を切り取っていて、流行を追う滑稽さは女性目線でも同感です。
そんな風で、絵画として鑑賞するだけでなく描かれている内容が気になる作品も多いのです。
《橋のたもとの洗濯女》(ウジェーヌ・ルイ・ブーダン 1833年)を見て「ああ、こんな文化が発達してきててもまだ水道が無いから川で洗濯するんだ」、とか同じ《スケートをする人々》というタイトルのエッチングを見て1889年作のジェームズ・アンソールの作品は人がバタバタと転倒しまくりなのに対しマックス・リーバーマンの作品は1923年以降作だからみんな余裕が出来て遊び上手になってきたのかしらなんて思ったり。

▲《カフェ・ブリュ、サン=クルー》ロバート・アール・ヘンライ1895-99年頃
↑の作品はポニャド(粗描画)と呼ばれる、その場でさっと描いてしまう作品とか。
両手で隠れそうな大きさの作品のため、近くで見ると本当に粗く描かれています。でも、こうやって縮小で見るとちゃんと奥行きまで表現されててさすが。
あと、エドワード・ダーリー・ボイトの《凱旋門、パリ》(1883年)は、当時の雰囲気も迫力も伝わる印象的な絵でした。これが水彩なんだからすごい。



いろんな画家の視点のため表現も着眼点も幅広く、正直言ってルノワールのオンパレードだった「ルノワール展」よりこっちの方が断然面白かったです。。。

 
会場入り口に展示してあったダンスの衣装、係の人に「このスカートの中って見れるんですか?」って尋ねたらいそいそと外して見せてくれました。
想像してたとおりだけど、通りすがりの女性が「この頃は針金とかじゃなくて鯨の骨とかじゃないかしら。赤毛のアンで書いてあったわよ」って教えてくれました。なるほど、勉強になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土木展

2016年08月05日 | かんしょう
「ルノワール展のついでに森美術館でも行く?気になる展覧会とかあったら行くけど?」とワダちゃんに言われ、それなら…と冗談のつもりで言った「土木展」。
興味はあったけど展覧会って感じの催しじゃないし、と思ったのに想像以上の食いつきをワダちゃんてば見せてくれました。「アタシ、なんならルノワールより楽しみかも」とまで。

と、いうわけで21_21 DESIGN SIGHTで開催中の土木展にも行ってきました!





会場は動画や音声録音でなければ撮影可能。
40代の女二人がはしゃいで撮りまくってきました。



まずはこんな感じの大きな投影図たちがお出迎え。これは東京駅。


アニメーションで土木技術をかわいく紹介。

 
体験型をしっかり体験する、もう数年で50才を迎える女…(涙) ちなみに右の写真は台形の風船でアーチの仕組みを説明する展示。

 
土木写真家の西山芳一氏の写真が壁面を飾り、渋谷駅の模型が展示されています。

 
楽しかったのがこれらで、砂で作った地形にキネクトを使って等高線や標高差のカラーを表示します。測量の事を思えば難しい仕組みじゃないのかもしれないけど、自分で作った造形の高さがすぐに平面表示で見れるのは面白い。


ダム好きにおなじみのダムカレーの食品サンプル。

他にも土木的構造物のある風景を動画で見せる試みがいくつかあったのですが、そちらは残念ながら撮影不可だったので無いんですよね。
モノクロのイラストや写真にプロジェクターで投影するのとか、インスタレーションもなかなか良しでした。

展示数としては決して多くないのですが、専門的過ぎず、土木をデザインとして「楽しむ」ように構成されているのがこちら「21_21 DESIGN SIGHT」のコンセプトと合致していてとても良かったと思います。
ああ面白かった~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加