虎落笛; 千生の見たものしたこと何でも日句 : 「いしかわ観光特使だより」

「俳句大好き!」の連衆を広く求めて!
酒旨し、人楽し。調息調心。

 

<<淺草~聖天~今戸~日本堤>>

2016年10月11日 20時19分47秒 | Weblog
正太郎生誕の碑や秋揚羽
(池波正太郎は浅草区聖天町の出身)
秋陰の聖天さまや銀杏の実
大根供ふ浴湯供祈祷の信者達<冬> (よくゆくきとう)
踏みしめる銀杏のにほひ毘沙門院
今戸社や姫あぢさゐの帰り花
一葉落つ今戸神社の招き猫
「猿若」てふ粋な地名碑花白粉
山頭火忌供花新しき阿弥陀仏
秋時雨歓喜地蔵の赤ずきん
歓喜地蔵二十七体秋時雨
秋茜黒曜石の子規の句碑
日傘差す夫婦狛犬秋時雨
新松子力車の似合ふ二天門
鳥渡るバイリンガルのイケメン車夫
野菊さりげなし岩子の慈愛像
小鳥来るめぐみ地蔵の千羽鶴
香煙はみな公平や秋うらら

<今日訪ねた句碑>
「牡丹載せて今戸へ帰る小舟かな」
           子 規
「竹馬やいろはにほへとちりぢりに」
           万太郎
「生きるということむずかしき余寒かな」
          川口松太郎
「観音で雨に逢ひけり花盛」
           子 規
「ながむとて花にもいたし頸の骨」
           宗 因
「花の雲鐘は上野か淺草か」
           芭 蕉
「ゆく水や何にとどまるのりの味」
           其 角
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体育の日 | トップ | みかん »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む