山登りとJazzと・・・

芸術性のない証拠写真の羅列です。
思い出と記録を綴っています。
備忘録的・フォト日記

名勝・雨晴海岸~これでもか。 ■2017_5_19

2017年05月21日 | アウトドア

最近は黄砂のせいで山はうっすらと霞がかかり、なかなか写真を撮るほどのすっきりした山容が見る事が出来なかった。
今日も午前中は霞んでダメかと思って居たが、昼過ぎから少しずつすっきりとした山容になってきた

冬から初夏までの数ヶ月間で
霞まず山容が見えるのは数日間しか無い・・・と思っても良いくらいで、
快晴であってでも山には常に雲が覆い被さっている
夏になると、雪がとけ白く輝く立山連峰の姿が見えなくなるので、今の時期が春終盤最後のチャンスかもしれない

後の立山連峰は結構綺麗に見えたが見物人は少なかった。
黒いすじが多く、確実に雪が少なくなってきている証拠でもある😆💕

水温も上がってきているのか、海藻が岸に流れ着いていた。
きたないので場所を変えた。 

遠くの、男岩と立山・弥陀ヶ原(1930m)台地。 

雨晴駅近くに場所を変えた。 

手前、女岩男岩 

男岩と立山・弥陀ヶ原(1930m)😆💕 

 写真を撮りに来ている人は今日は若い人が多かった。

ここからは海岸にたまっている汚い海藻は映らない。 

女岩と剱岳(2,999m富山)付近 

剱岳も確実に雪がとけてきて、白さが出なくなってきた。 

いつも常に白く輝いている毛勝三山、5月も後半になると雪で輝く白っぽさが無くなってきている。 

氷見万葉線も時たまカラフルな電車が通って行😆💕 

今年最後の霞まずにられる白い山並みかもしれない。
穏やかな名勝・雨晴らし海岸。

😆💕 

 

今回は沢山の 名勝・雨晴海岸の写真を、これでもかというくらいアップしてしまいました。

それでは、

おしまい 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加