All Mod Cons

The Style of Paul Weller is Here! Keep Cool and Stay Hip!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

形式評議会

2004-04-12 | PW(Paul Weller)
Paul Weller を最初に聞いたのは実はここから。My Ever Changing Moodsを会社の同僚から教えてもらって聞き出しました。その後 The Jam にさかのぼり、今にいたります。UKオリジナル7inchを全部そろえようという暴挙にでたため、かなり散財しました。何セ、このころの師匠は7inchを出しまくり、コレクターなかせでした。このアルバムのすごいところはやってる音楽がばらばらなのに何故か一貫性を感じるということです。Modsって音楽のスタイルでなく、その魂だと感じさせるエバーグリーンな一枚です。

Cafe Bleu
ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポール師匠来る! | トップ | illumination »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
渋いですね ! (CC)
2004-09-25 22:41:43
トラックバックありがとうございます!

My Ever Changing Moodsは大学生の時にバンドでやりましたよ。ドラムの激しい方のバージョンで。(ドラム担当でした)

The Style Councilのドラマーの人、結構好きでした。



hyumaさんのBlog渋いですね。

Donney Hathawayは私も好きです。

こんな渋い方(?)にトラックバックして貰えるなんて嬉しいです~。

また折りをみてやってきます!
はじめまして (CLUBYY)
2004-09-25 22:44:09
hyumaさんはじめまして。

トラックバックどうもありがとうございます。

My Ever Changing MoodsでPaul Wellerに出会ったとのこと。

僕もこの曲でスタイルカウンシルを知りました。

丁度同年代でしょうか?

また、遊びにきます。
はじめまして (hamanie)
2004-09-26 22:53:12
TBありがとうございます。



このアルバムは未だに大好きで、普段はできるだけ聴かないようにしているくらいです。CDは持ってないのでテープですが(苦笑)。



7inch蒐集にGeorge Fame…Mods臭プンプンっス。

僕はボウリングシューズ盗むのが怖くて、デビュー時にリック・バックラーが履いてたコンバース・オールスターで手を打ったヤワなMods志望者でした。



他にGeorge Fameでお推めがありましたら、どうぞよろしくお願いします。
TBありがとうございます (TOMO)
2004-10-07 09:25:31
はじめまして、TOMOです。

スタカンを紹介された時は古臭いCDだなってことだけだった。

それが、なんてステキなCDに変身。

いまでもお気に入りのCDです。

仲のいい子にはほとんどすすめました。

私の中では飽き無いCDです。すごくめずらしく。。。



Paul Wellerのライブを聞いた友達は抱かれても良いと言ってました。聞きにいったのは男ですけどね。。。笑
トラバありがとうございます。 (yogichogi)
2004-10-08 00:07:30
トラックバックありがとうございます。yogichogiと申します。

ポールウェラー仲間がこんなにたくさんいて、正直驚いてます。

あんまりいないんじゃないかと思ってたので。(んなこたぁない。)

学生の時は、ポール一色な生活を送っていましたが、今は少し落ち着いてます。

でも、ポールは私の心のベストテン殿堂入りなのです。



同じポール仲間としてまた遊びに来ますね。
スタカン(古い呼称で失礼)万歳! (maxine)
2004-10-11 23:21:51
TBありがとうございます。あんな個人的なつぶやきに気づいてもらって、ブログを始めた甲斐があったわ~と思います。

このアルバムは名作です。統一感ないのに名作です。

ここ10年くらいは疎遠になっていたけど、やはり思い出すのはこういう名盤ですよね。

あ、「オーシャン・カラー・シーン」を初めて聴いたときにはどきっとしました。若返ったポール・ウェラー!・・プロデュースしてたんでしたっけ?
TBありがとうございます。 (溺れっぱなし)
2004-11-28 08:19:42
ポールってほんと

カッコイイです。

キリっとしてますね。

My Ever Changing Moodsはシングルバージョン

が好きだったけど、アルバムバージョンも

年をおうごとにいいです。

上京したころスタカン全盛だったんで、

おしゃれっぽいとこで散々耳に飛び込んで

きた記憶があります。

カフェバーとかね。(笑)

Unknown (hyuma)
2004-11-28 18:26:16
カフェバー!なつかしいですね。今にして思うとスタンカン=おしゃれな場所でかかっている音楽という時代があったんですよね。今にしてみると笑!ですね。でもポールのすごいところはメッセージの強い曲をポピュラーにして多くの人にアピールするということをやっていたところですね。あ、もちろん日本人は英語がだめなので、曲がよかったということですが。
Unknown (溺れっぱなし)
2004-12-03 03:12:23
曲がよかったということにつきますよね。
Unknown (kuro)
2005-05-23 00:12:43
TBありがとうございます。

いやはやポール・ウェラーにリスペクトな人って、結構いるんですね。ボクだけかと思ってました。

>7inchを出しまくり

ボクもついつい買わされました。さらに、うかつにも『Singular Adventure』まで買ってしまいました。バカですかね?
TBありがとうございます (くれるぼ)
2005-05-28 14:02:58
こちらからもTBさせていただきました。よろしくお願いいたします。
TBありがとうございます (ルリ)
2005-05-30 00:17:28
というか、びっくりです。

自分みたいなてきとーなモノに反応してくださるとは。。。(汗)



恐縮です(笑)
TBありがとうございます。 (しゅりーぷ)
2005-07-26 01:01:01
>Modsって音楽のスタイルでなく、その魂だと感じさせるエバーグリーンな一枚です。



確かにこのアルバムにかけるポールの想いは伝わりますよね。あえて統一感を持たせてないところが僕は好きです。

TBありがとうございました。 (Bono)
2005-08-08 00:23:34
はじめまして。TBありがとうございました。

スタ・カン、いいですよね。

ジャケットからしてお洒落です。

そういえば、この頃ってシングルもアルバムと

ヴァージョン違いっていうのが多くて、

中々コレクター泣かせでしたっけ。

私も彼らのコレクタブルアイテムはかなり持ってますよ(苦笑)

また遊びに来ますね。

これからもよろしくお願いします。
TBありがとう (vertigo66t)
2005-08-14 09:58:17
トラックバックありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
ありがとうございます。 (sgt_plhcb)
2005-08-28 07:09:07
TBありがとうございます。

スタイル・カウンシルについての書き込み、すごくわかりやすかったです。シングルを沢山だしていた事はしらなかったので、びっくりしています。

これからも宜しくお願い致します。
12インチ (OZAKU)
2005-10-30 16:00:22
こんにちわ、あちこちでポール・ウェラーのことを書いているOZAKUです。ご無沙汰してました。

12インチ、私も買いあさりましたよ~。でもさすがに全部は持ってないと思います、hyumaさんスゴイですね。

私の場合、どっちかというとジャケが楽しみで買ってましたね。今と違ってでかいから、ポールの大きな写真を拝めるってことで・・・・。



そういえばJamのスタジオ盤ラストアルバムについてはまだ書いてないので近々書くかも知れません。又よろしくお願いします~。ではでは。
トラックバック感謝です! (bullsbrother)
2005-11-17 00:43:40
はじめまして、TBありがとうゴザイマス。

つぶやきのような記事だったんですけどね・・・。

楽しい記事、これからも楽しみに読ませていただきます!!



フジテレビの朝のワイドショーで、スタカンの曲が使われていたような・・・?たしか、コステロも・・。

今は、プリテンダーズになってますが・・・。



では、また。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Cafe Bleu日和 (SOUL DIARY)
[Cafe Bleu] The Style Council Marlena Shawの時も書いたが、私の中でその時の状況や気分と音楽はかなり密接な関係があり、このThe Style Councilの[Cafe Bleu] には、合った「温度と天気」というのがある。 「うす曇でたまに小雨。気温は暑くもなく寒くもなく」…都合よ
スタイル・カウンシル/生意気なお子様だった頃 (avalon◆keiko\'s Blog◆)
アルバムは全部持っているはず だったんだけど、これしか 見つからなかったです。カフェ・ブリュ ジャム時代は、あんまり知らないの です。年上の友人が、ジャム時代からの ポール・ウェラーファンだたので、 聴きだしたんだと思うですわ。 初来日のステージは、何
自分の人生を揺るがした曲、思いつくまま (日々のヨギチョギ)
kisshさんところに便乗して、私の音楽歴を振り返ってみたいと思います。 この企画にトラバしてる人々はベスト11くらいに厳選してらっしゃいますが、私はぶっつけ書いてる状態なので、思いつくまま、思い出すまま書いてみたいなーと思いますです。 1.Englishman In NewYork/S
「ザ・スタイル・カウンシル」 (The Nightfly)
カフェ・ブリュ ザ・スタイル・カウンシル 高校時代にこんなの聴いて、今から振り返ると随分背伸びしてたかなあと思うけど、ほんとに好きでした。あのころは音楽に対するアンテナを360度、3次元に張り巡らせていました。若さのエネルギーってすごいね。当時、蓄積
丘モッズ歴16年 (丘モッズのPAUL WELLERになりたい)
丘モッズとは、モッズの心意気(Attitude)は持っているが、スタイルとしてのモッズになりきれないファッションセンス及び体格(ここが大きい)を持った人間の事。 ちなみに、ここがうまく現象としてのMODSの定義をまとめてはります(英語だけど)。 ベスパ乗って、モッズス
ポール・ウェラーの日 (corsappoi blog)
このところ、ボクはまるで研究者のように仕事部屋に篭りっきりだ。あまり没頭しすぎるのもいかがなものかと内心では思っている。本当は気分転換に散歩程度はした方がいいのだろうけれど、そんな時間はない。もったいない。だから、せめて音楽(いわゆるBGM)ぐらいは欠かさな
Cafe Bleu / The Style Council (プログレを語ろう)
えーと、タイトルのCafeは、正確にはeにアクサンが着いていますが、ご勘弁を。
The Style Council/Cafe Bleu (shlp blog)
ジャジーな音楽 これも後追い。 もちろん知ってる曲とかはありましたが(売れまし
ザ・スタイル・カウンシル「カフェ・ブリュ」 (人生は音楽だ)
 試聴あり  パンクバンド「ジャム」を解散させたポール・ウェラーが  キーボーディストのミック・タルボットとユニットを組みました。  そのユニットの1作目がこれ。  ポール・ウェラーの若気の至りか、と当時はよく言われた。  趣味的、懐古的。
『カフェ・ブリュ』 by ザ・スタイル・カウンシル(CAFE´ BLEU by THE STYLE COUNCIL) (can we beat them?)
とっちらかったアルバム。 オリジナル・アルバム発表時の1984年にもそう思ったけ...
My Ever Changing Moods / The Style Council 【1984】 (Radio Nostalgia)
 月末はいよいよポール・ウェラー来日公演ですね。本人はもう日本にいるんでしょうか。東京公演のスタンディングのチケットはまだ残ってるようですが、仕事&雑用でどうしても上京の目途が立たず、初肉眼ウェラーは今回も実現できそうにありません。  ところで今、USEN
Style Council『Cafe Bleu』 (音楽の園 music of my mind)
Paul Wellerが示してくれた新しいスタイルの数々☆Style Council『Our Favorite Shop』♪ 発表年:1984年 ez的ジャンル:オシャレ&硬派系スタイリッシュ・ポップ 気分は... :カフェ・ランチ... 最近カフェ・ランチするのが結構好きだったりする。 カフェ・メ ...
Cafe Bleu/The Style Council (80's UK New Wave)
本作『Cafe Bleu』は、1984年に発表されたスタイル・カウンシル[ The Style Council ] の1stアルバムです。 しかし、実はこの前年に『Speak Like A Child』という7曲入りのミニ・アルバムが発表されているので、実質は2枚目ということになります。 スタイル・...