Rock Candy by Alberto Marsico

Rock Candy
1966年生まれのイタリアン・オルガニスト!Jack McDuffのワークショップで目覚め、Jackをして「お前の血はハモンドだ!?」と言わせた筋金入りのファンキーオルガン野郎!The Catやスタハチのテーマ、Rock Candyなどオルガン好きにはたまらん選曲をぐいぐい王道で攻めてきます。ちなみにジャケ買いです。しかも、iTunesで。いやー、ライナーノーツないんで困るんですけど。というわけで今年最後のエントリー。来年は久しぶりに月1本ちゃんとエントリーするぞと固く心に誓いながら今年は筆を置きます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Rize "heiwa"

RIZE FET BEST

しかし、早いものでもう年の瀬。気がつけば今年のブログ更新はたった二回。いかんなー。そうこうしてるうちに、安倍ちゃんはじいちゃんの名誉回復と野望達成のために、着々と日本を自分色にそめるべく手をうっている。あっぱれである。しかし、安倍ちゃん応援している人達は、個々数年の溜飲をさげてうれしーんだろうけど、そのうちマジに徴兵制とか、原爆作ろうってことになるぜ。いいの?もっと賢くなろうぜ。
てなわけで(?)Rizeのheiwaで締めくくりたい。

ヘイワって言葉が何か懐かしく聞こえねぇか?
ヘイワって言葉が何か so far away
へイワって言葉を何故か近づけたくて
天まで届けばいいな一人でも多くの声が
(平和…your so beautiful)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

RCサクセッション "カバーズ"

カバーズ
今こそジョンと清志郎に生きていて欲しかったと思う。どんな妨害を受けようとも自分の信念を自分の声でしっかりと歌う。世の中は相変わらずfuckなことばかり。二人には空から下界に気合い入れて欲しい。

天国は無い ただ空があるだけ
国境も無い ただ地球があるだけ
みんながそう思えば 簡単なことさ

社会主義も 資本主義も
偉い人も 貧しい人も
みんなが同じならば 簡単なことさ

夢かもしれない でも その夢を見ているのは
一人だけじゃない 世界中にいるのさ

誰かを憎んでも 派閥を作っても
頭の上には ただ空があるだけ
みんながそう思うさ 簡単なこと言う

夢かもしれない でも その夢を見ているのは
きみ一人じゃない 仲間がいるのさ

夢かもしれない でも その夢を見ているのは
きみ一人じゃない
夢かもしれない でも一人じゃない
(僕らは薄着で笑っちゃう)
夢かもしれない (ああ笑っちゃう)
かもしれない
(僕らは薄着で笑っちゃう)
(ああ笑っちゃう)
(僕らは薄着で笑っちゃう)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジョン・スタインベック "月は沈みぬ"

月は沈みぬ (新潮文庫 赤 101B)

はっきりとディテールを覚えているわけではないが強く心に残っている一冊です。中学の多感な時期に読んだせいもあり、この反戦姿勢、武器では解決できない感覚を強く覚え、当時小学に集っていた親戚で自衛隊経験のある叔父貴にくってかかってこの話をしたような気がする。より一層ナショナリズムが台頭する日本、中国、韓国、北朝鮮。ネットイベントで戦車に乗る首相があおるネット右翼。そんな日にこの本を思い出した。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Manic Street Preachers "Everything Must Go"

Manicsの熱心なファンとは言えないが、常にすごく意識しているバンド。良質なイギリスのポップ(あえてポップ)を継承しているバンドだと思う。良質なメロディーにキャッチーなギター、豪華なストリングス、そして過激な歌詞!このアルバムは特にリッチー失踪に対するメンバーの憂いを持ちながら前に進もうとするポジティブな感じが大好きです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Give Peace a Chance

またこの日がきました。そしてあの日より深刻化する世界。今度の総選挙ではこの国の右傾化に拍車がかからないことを願うばかり。Give peace a chance !
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Tempest by Bob Dylan


 テンペスト・デラックス・エディション(初回生産限定盤)

本当にひさしぶりに発売当日に買ったアルバム!Dylanのデビュー50周年、35枚目のアルバム@71歳。と、こんなことを言う必要もない現役ロックな一枚。様々なフォーマットをDylanフォーマットに昇華している。生や死を感じさせる歌詞(らしい)、特にRoll on Johnはこれから何度も何度も聞くだろう名曲。いまだにNever Ending Tourを各地でやりまくってる彼が俺のロールモデルだ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Paul Simon

Paul Simon

10月13日はPaul Simon、そして親父の誕生日。このソロデビュー作は彼の才能を余すこと亡く表現した名作です。Simon & Garfunkellの呪縛からはなれ、Duoでやれなかったことをやりまくったアルバム、そういう意味で荒々しくもナイーブな感じです。Duncanは彼の曲でもTop3に入る名曲(名詞)だと思います。Me And Julio Down By The Schoolyardはよく練習したなー。今でも弾けるかな?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Imagine by John Lennon

Imagine

2001年9月11日、行き過ぎた資本原理主義と行き過ぎた宗教原理主義の結果、多くの尊い命が失われ、新たな恨みが生まれた。2011年3月11日、行き過ぎた原発主義と利権が自然に負けた。そして多くの命と土地が失われた。2012年9月11日、日本政府が尖閣諸島を買収、昔なら戦争が起ってもおかしくない状況に突入。この歌を歌い続けようと心に誓った。

Imagine there's no countries 
It isn't hard to do 
Nothing to kill or die for 
And no religion too 
Imagine all the people 
Living life in peace 

You may say that I'm a dreamer 
But I'm not the only one 
I hope someday you'll join us 
And the world will live as one

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Sonik Kicks by Paul Weller

ソニック・キックス-デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)

 何と一年7ヶ月ぶりのブログ更新です。理由はMacbook Pro買ったから(笑)

新アルバムなかなか出さない昔のロックアーティストが増える中、常に現役感満載でコンスタントにアルバムを出し続け、枯れることのないPaul Weller。期待を裏切らない、嘘です、毎回期待を裏切られ、でもそれこそがロックな姿勢。今回も最初戸惑いましたが、三回目位から大好きになっちゃいました。10月の来日公演に向けてヘビーローテーション中です。サイモン・ダインのプロデュースは派手と地味が入り乱れ、いい意味でハチャメチャ。これがPaulの現役感を感じる要因の一つです。あっ、そういえば初めてPaulのアルバムをiTunesで買ってしまった。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

All you need is love


今日50歳になりました。愛する妻(いつもありがとう!)、エネルギーをくれる娘、
天国にいる尊敬している父、大きな愛でつつんでくれる母、いつも助けてくれる弟、
そしていままで私に接してくれたすべての人、おれにロックを教えてくれたJohnに、
感謝します。
今までも悔いはないし、これからもくいのない人生をおくりたい。
そして世界から戦争がなくなるように。幼い子供の命が大人のエゴで失われないよう。
50になって最初の曲は「all you need is love」
Love, love, love, love, love, love, love, love, love.
There's nothing you can do that can't be done.
Nothing you can sing that can't be sung.
Nothing you can say but you can learn how to play the game
It's easy.
There's nothing you can make that can't be made.
No one you can save that can't be saved.
Nothing you can do but you can learn how to be you
in time - It's easy.

All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.
Love, love, love, love, love, love, love, love, love.
All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.
There's nothing you can know that isn't known.
Nothing you can see that isn't shown.
Nowhere you can be that isn't where you're meant to be.
It's easy.
All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.
All you need is love (all together now)
All you need is love (everybody)
All you need is love, love, love is all you need.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

john's memorial day

30年たちました。そして今年は北朝鮮の韓国への砲撃、終わる気配のないアフガン紛争などなど。でもあきらめてはならない。War is over if we want it ! 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The Jam "Sound Affects" Deluxe Edition

"Waterloo Sunset"を聞きたいために買ったようなものですが、あらためてSound Affectsを通しで聞くと、この作品の多彩さと後年のTSCにつながる「点と点」が見えるすばらしいアルバムです。しかし、PaulはよほどKinksをリスペクトしていたのでしょう、このカバーはまったくのひねりなく、ピュアにまんまやっていて好感を感じます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

筑紫哲也"若き友人へ"

私のアイドルの一人だった筑紫哲也が亡くなって2年。彼が早稲田と同志社で学生向けに講演したものをラストメッセージという形でまとめたものである。がんにかかり、死に直面しながらも冷静に、あたたかく語りかけている。書中にある「愛国主義は悪党の最後の隠れ家である。」にともかく共鳴する。彼の死後起こった政治の変化、すすむ右傾化、アジアの危機、日本の政治家のリーダーシップとビジョンの欠如など様々なことが相変わらず起き続けているが、今こそ彼のような冷静な「アジテーター」がいればと思う、今日この頃です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

村上ソングス

村上春樹が様々なアメリカンPOPから選定し、翻訳、それに和田誠の挿絵を掲載、というなんとも贅沢な本。彼が取り上げたのはビーチボーイズやドアーズ、REM、Bruce SpringsteenなどのRockから様々なスタンダードまで、実に幅広い。曲は大体知っていたが、その歌詞のほとんどちゃんと読んでなかった。いやー、何かこれ読んですっきり。最近音楽を聴けてなくて、ややフラストレーション気味だったが、この本はEPを何曲か聴いた感じです。いい本だなー。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ