All Mod Cons

The Style of Paul Weller is Here! Keep Cool and Stay Hip!!

沢木耕太郎「キャパの十字架」

2016-05-29 | Book

キャパの十字架 (文春文庫)
沢木耕太郎の本を買ったのはすごく久しぶり。どうも彼のエッセイは好きになれず、深夜特急は一冊も読んでいない。「敗れざる者たち」や「テロルの決算」などに、本来陽の目があたらない人物にフォーカスをあて、圧倒的な取材力であぶり出された真実には大きく心を動かされ、ルポルタージュの虜になった。オリオンズの榎本喜八のルポなどはその真骨頂だと思う。
そんな彼が敬愛するキャパの有名な一枚の写真の真実を、彼持ち前の圧倒的な執念と取材力であぶり出していく。その結果はどうであれ、そのプロセスに触れて改めて感銘を受ける。
ネットやソーシャルメディアで情報が入りやすくなった分、情報に踊らされる世の中、自分なりの仮説を講じて納得の行くまで取材を積み重ねる沢木耕太郎のスタイルは、今まさにかけているものだと感じた。自戒も含めて。

沢木耕太郎は、自身のアイドルの一人であるキャパの真実を自らの手で解明してしまったが、キャパへの親愛の情は変わらないと書いている。そういうことだと思う。この真実を知っていようがいまいが「キャパの一枚」の価値が、俺の中で変わることはない。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内山 節 「半市場経済」

2016-05-02 | Book

半市場経済 成長だけでない「共創社会」の時代 (角川新書)
今の経済システムでいいと思っている人は少ないだろう。お金持ちでまだまだ資産を増やしたくて、そして、税金は取られたくないのでパナマやケイマン諸島で節税してる恥知らずの人間や企業以外は....。しかしながら19世紀半ばから続くこのシステムに変わるシステムは生まれてきていない。アンチテーゼとして巻き起こった共産主義はもろくも崩れ去り、資本主義はより一層悪魔の循環である超資本主義となり、より一層の富の集中が行われている。自然界や人間の体も良い循環が行われずどこかに膿が溜まってしまうと調子が悪くなる。今の「超資本主義」はまさにそれだ。日本ほどこの経済システムの変化に追従し(させられ?)、大きく自身も変化してきたが、日本の持つ本来の倫理性が失われていることに憂う人たちも増えてきている。
この本の著者内山氏は超資本主義の原因をあぶり出し、新しいシステムを「半市場経済」と名付けたイノベーションを提唱している。実際「物や時間の私的所有」を「共有、共創」する若い世代を中心に新しい動きが活発しているケーススタディを取り上げ、そのロジックを解明している。大きな動きではないが、かといって小さい動きではない。やや違う文脈ではあるはポーターの提唱するCSVは修正資本主義として語られ、UnileverやP&G、GEなどのグローバル企業は経営の柱として、社会課題解決とビジネス成果の両立を経営目標(定量目標)に掲げ、実績を出し始めている。
日本でも無印良品などはその代表的な企業で、宣伝広告なしにビジネスを伸ばし、海外進出でも成功を納め出している。共有価値が顧客との間に明確だからであろう。
「志」「共有価値」「縁」などこれからのビジネスのキーワードが満載な一冊である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

革命のジョン・レノン

2016-03-20 | Book

革命のジョン・レノン: サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ
ニクソンはせせこましくて弱々しい人間だった。故にびくびくして、アメリカを、世界をよくしようというより自分に少しでも歯向かう人間を徹底的に追い込んだ。しかし、アメリカは民主主義の国だった。ジョンもすごいが独裁を許さない民主主義がワークした。愛と革命の人ジョンのストーリーでもあるが、アメリカの民主主義のストーリーでもある。日本も今は同じ状況だと思う。桑田は残念ながらおとなしくなり、ジョンにはなれなかった。でもSEALDsが出てきた。日本でも新しい、本当の民主主義が必要。天敵安倍さんはニクソンと同じで小心者。歴史は繰り返す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

All Mod Cons : My 55 LPs -55/55

2016-01-25 | 55 LPs

All Mod Cons
言うまでもなくこのブログのタイトルはここから拝借。ポールとの出会いは社会人になってから、それまでModsのモの字も知らなかった俺に、Mikioが「My Ever Chaging Moods」を教えてくれたのがきっかけ。それまでは中学時代はクラッシクとS&G、高校時代はアメリカントップ40野郎で、佐賀の田舎で(佐賀のみんな、ごめん!)で平山と毎週のビルボードやキャッシュボックスのチャートを追っかけていた。Andy Gibbのデビューシングル「Shadow Dancing」とか予約して買ったくらい(笑)そこからJackson Browne、Eaglesなどのウェストコーストロックを大学時代に日置と聞き込んでいた。
My Ever Changing Moodsからは一変し、ポールとポールがクールだという音楽をどんどん掘り下げていき、JazzやSoulにもはまりだした。The Style Council の名盤「Our Favourite Shop」のジャケに出てくるアルバムや映画、小説を集めたり。80年中盤には新宿Jamにも行き、March of the ModsというMods Partyにも何回か参加、ベスパも買ったり、Mikioと「Start」「Malice」なるThe Jamのコピーバンドもやったりした。88年くらいにはロンドン二週間旅行で、昼はレコード探し、夜は100 ClubやHalfmonn Putneyとか憧れのライブハウスにも行きまくった。
そんな時代からの俺にとってのバイブルは「All Mod Cons」 My Favourite Jam Songである「Down In The Tube Station at Midnight」収録の名盤である。労働者階級出身のポールが、アラン・シリトー の小説ばりに描写した、わずか5分弱の曲、この曲、このアルバム以降、彼の書く曲の詩の深みが更に増していく。彼との付き合いはその後も今に至るまで続き、結局すべてのアルバムを所有しているのはポールとビートルズ、S&Gくらいだ。(JohnはSometime in NYとTwo Virginesは持ってないとかDylanはまだ70%くらいとか)ライブもロンドンで二回、日本ではStyle council 時代から来日ライブは基本行ってるし、川崎チッタでのPaul Weller Movementは涙した覚えも。
ポールは1958年生まれだから俺の3歳年上、彼のように一本筋(Mods)の通った、前向き(新作バンバン)なDo the right thing的な生き方をこれからもしていこう。Keep Cool、Stay Hip!



*My 55 LPsは2016年1月に55歳を迎えるにあたってのこころのベスト55です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Late for the sky : My 55 LPs -54/55

2016-01-24 | 55 LPs

Late for the Sky
いよいよあと二枚。で、ジャクソン・ブラウンはどうしても既にあげたファーストとこれは棺桶に入れて貰いたい。ポール師匠と彼は日本に来るたびに見に行っていて、お互い歳をとりながらの付き合いをさせていただいてる。最初は確か大学一年(1980年!)の時に武道館でのライブ。当時所属していたアコースティックギター研究会なるサークルのみす先輩と日置と行った。ホールドアウトツアーだったけど、バンドがRunning on emptyツアーのメンツ(リンドレー、ケルトナー、グローブ、コーチマー、ペイン、バトラー!!) だったので前作からもガンガンやって、The Load OutからStayとかリンドレーとバトラーの掛け合いも聴くことができた。既に35年以上も前の体験なんだけどしっかりと脳裏に焼きついている。Late for the Skyは日本人ファンが最も愛してる曲だろう、ライブのたびに声がかかり、やったりやらなかったり。やってくれるたびに涙出ます。2015年3月11日の来日ライブでは震災についてのステートメントのあと「Before the deluge」を演奏、現代社会への警鐘を歌い上げた。彼は極めて内省的な作家であるが故に、自身の恋愛、政治観、環境、社会課題を自分ごととして歌っており、愛と反戦、反核を同軸線で語っている。盟友のグレン・フライは逝ってしまったが、彼には是非もっともっと歌い続けて欲しいと心から願う。

今のところの彼の最新作である「Standing in the breach」(難局にあたって)も名盤である。



*My 55 LPsは2016年1月に55歳を迎えるにあたってのこころのベスト55です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Uprising : My 55 LPs - 26/55

2016-01-23 | 55 LPs
Uprising
Redemption Songは勇気が足りなくなってきたときに聴く曲。55年近く生きてると人生っていろいろと勇気出さなきゃいけない場合があるね。昨年なんかは「平和」って言うだけで勇気あるね~とか言われちゃう変な時代になったけど.... この曲はそんな時に気持ちを高めてくれる。ジョニー・キャッシュとストラマーもカバーしている。因みにバンド・バージョンより弾き語りバージョンの方が好き。さあ、残り人生も勇気持って生きてこう、なるべく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Modern Life is Rubbish : My 55 LPs - 53/55

2016-01-22 | 55 LPs

Modern Life is Rubbish
Blur派でした。こっちの方がModsだから。中でもこのセカンドアルバムは地味ながら名曲揃いで、最も聴いてる彼らのアルバムです。思えば京都に転勤中心斎橋クアトロという小箱で奴らのライブを見れたのは俺のライブ史上トップ5に入るな。ライブ見たのはパークライフでた後だったけど、結構このアルバムからやってて、その印象も強い。今でもアルバム出ると買う長い付き合いのバンド。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Stories : My 55 LPs -52/55

2016-01-16 | 55 LPs

ストーリーズ
私が所有しているアルバムの中で最も感傷的で内省的なのがこのアルバム。一時かなりのレアものだったので手がつけられない状況だったけど、やっとCDを入手した時はめちゃくちゃ嬉しかった一枚。とてもシンプルな弾き語りで、低い声でやや不安定な音程、淡々としているけど、彼のストーリーが目の前で展開されてるかのよう。自身で書いたモディリアーニばりの自画像が更にこのストーリーを引き立てている。あー、アナログ欲しい!!


その後
2016年3月、アナログ入手!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Transformer : My 55LPs - 51/55

2016-01-09 | 55 LPs

Transformer
22歳で当時は珍しがられた外資で、まだ新興業種だったカード業界に入社、36歳でネットをドメインにした外資系広告代理店、そしてネットベンチャーと比較的Wild Sideを歩いてきた。そして、もう直ぐ55歳、これからもWild Sideを歩く所存です。あっ、お前のはWild Sideじゃ無い!って言われてそう。

「Walk on the Wild Side」「Perfect Day」「Satellite of Love」などLouの中でも特に好きな曲が収録された72年のアルバムには、だからと言って意気込むことなく、自分の進む道を淡々と行こう、的なノリで彼らしい。節目に聴くアルバム!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Chet Baker Sings : My 55 LPs -50/55

2016-01-09 | 55 LPs

Chet Baker Sings
最初にこのアルバムを聞いたのは、荻窪の焼き鳥屋「赤とんぼ」で梶田先輩から「営業とは」(多分)とかを教わりながら焼き鳥をやっつけていた時に、店主の高木さんがカセットレコーダーでこのアルバムをかけてくれた時。1980年代の後半頃。そのカセット・テープのラベルには手書きで「歌うチェット・ベーカー」と書いてあり、あまりにすごいノイズだったので雨が降ってきたのかと思ったほど。しかし、今となってはその時の体験とこのレコードは強烈に結びついて、至極の一枚となっている。音楽ってそういうものですよね。曲のいい、悪いだけでは記憶にそんなに残らない。やっぱその音楽を聴きながら何をしていたか、何を感じたか、が一体化してこそ永久不滅盤になるわけですな。俺の55枚シリーズはそんなアルバムが多いですね。最近のように音楽が手軽に買え、手軽に聞けるのは便利でいいことはいいが、やっぱり「体験」が紐付かない、コマーシャルベースになってしまってるのが物足りない。最近アナログに再びはまりだしたのも、アルバムを手と目で選び、レコードをジャケットから出し、A面かB面かを選び、レコードの盤面を拭き、針掃除をして、針を盤に降ろすという、このデジタル時代にはおよそ不便極まりない行為を行ってからやっと音を聞くわけだ。しかし、この体験こそが愛おしく思えるのです。話が随分と横道に逸れてしまったが、このアルバムはそんなことを感じさせてくれる、軟弱だけど、クールなアルバムだ。笑

コステロは、このアルバム収録の「The Thrill Is Gone」にインスパイアされて名曲「Almost Blue」を書いたらしい。


そしてチェットは「Almost Blue」をライブでも好んでやってたらしい。下記の映画にもそのシーンがあった。

渋谷パルコで見たこの映画は写真家のブルース・ウェイバーが撮ったチェットのドキュメンタリー。彼の自由模倣な生き方を描いたもの。わがままな、クールな爺さんだった。彼は挙げ句の果てにライブ・ツアー途中のアムステルダムのホテルから転落死してしまう。ラリってたんだろう。まったく!見習いたいものだ。笑

*My 55 LPsは2016年1月に55歳を迎えるにあたってのこころのベスト55です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Abandoned Luncheonette : My 55 LPs - 49/55

2016-01-03 | 55 LPs

アバンダンド・ランチョネット
ブルーアイドソウルを俺に教えてくれたフィラデルフィア出身ホール&オーツの名盤!代表曲「She's Gone(追憶のメロディ)」だけでなく他の曲も名曲ばかり。ただ、後年のヒット曲とは違い地味目ではあるが二人の溢れ出る才能は遺憾無く発揮されている。出だしのナンバー「つめたい朝」は未だに冬の朝にはついつい聞いてしまう。オーツの書いた「Las Vegas Turnaround」はしっとりとしたソウル・デュオの名曲だ。「She's Gone」のファンは多いだろうが、このアルバムのこの位置で聞くこの曲は最高にクールだ。彼らの数多いヒットナンバー、ヒットアルバムにおいては地味でフューチャーされにくいが、俺の中では圧倒的に一番!
このアルバムのとてもいい逸話がブログで紹介されている。
http://skjmmsk.blog.so-net.ne.jp/2013-02-15

ただし、彼らが、ある意味一番ソウルフルなのはこのアルバムかな。オープニングのオーツの曲「Back Together Again」はhall & Oatesの中でもトップ3に入ると思う。


*My 55 LPsは2016年1月に55歳を迎えるにあたってのこころのベスト55です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Angel Clare : My 55 LPs - 48/55

2016-01-03 | 55 LPs

Angel Clare
このアルバムのライナーノーツでティンパンアレーという言葉を知った。アートはこのアルバムで素晴らしい楽曲を取り上げ、完璧に歌い尽くしている。取り上げた作曲家は、ロジャー・ニコルス、ジミー・ウェッブ、ヴァン・モリソン、ランディ・ニューマン、エバリー、そしてトラディショナルやロスインカス、バッハなど実に多様な曲をアート仕様にして、豪華な演奏陣とともに作り込んでいる。まさにティンパンアレー時代を彷彿とさせるアルバムだ。すなわち素晴らしい楽曲を素晴らしい歌手が素晴らしい演奏
家と仕上げる!Simon & Garfunkel はポールだけではなりたたなかったことを証明するアルバムだ。歌い手の重要性を認識させてくれるアルバムだ。

アートはその後も名盤を生み出してるけど、三枚目のこのアルバムはジミー・ウェッブだけを取り上げたアルバムで、唯一James Taylor、Paul Simonとの企画シングル的な曲「Wonderful World」を除いて。本来は全曲ジミーの曲だったのみ残念!ということでアルバムとしては55ランクインならず。でも聴いてる頻度はこっちらの方が多いけど。


また、S.ペリープロデュースの二枚目のこのアルバムも名盤、S.ワンダーの「I Believe」とか別曲!まるでアートの曲。


*My 55 LPsは2016年1月に55歳を迎えるにあたってのこころのベスト55です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主主義を信じる

2015-12-31 | stop the war

今年は本当に最悪な年だった。民主主義の危機だ。日本特有の美徳の危機だ。リベラルか保守とか以前の問題。アーミーテージ・ドクトリンに従う政府は「売国奴」だ!2016年は本当に重要な年だ!みんな声を上げよう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

blue break beats : My 55 LPs -47/55

2015-12-31 | 55 LPs

Blue Break Beats Vol.1
ファンキーなJazzが好きになったのは、1980年代後半にロンドンに行った際にカムデンマーケットで買った海賊版カセットテープがきっかけ。今はもう無くなってしまったが、この無法勝手コピーコンピレーションに今では好物のB級オルガンジャズがガンガン入っていたのがきっかけ。このコンピで一番気になっていたのがこのアルバムに収録の「Sookie Sookie」。ただこのカセットにはタイトルしかなく、以後10年くらい探してたわけです。或る日突然レコード屋で飛び込んできたこの曲収録のこのアルバム!狂喜乱舞して購入、そして聴いて狂喜乱舞!ここから深~いハモンドの旅が始まりました。ともかくファンキーのなんたるかを俺に教えてくれた名コンピです。

ちなみに「Sookie Sookie」はこの名盤に収録、アナログ欲しいけどちょー高い!



*My 55 LPsは2016年1月に55歳を迎えるにあたってのこころのベスト55です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Curtis : My 55 LPs -46/55

2015-12-31 | 55 LPs

カーティス
カーティスを知ったのは、いうまでもなくポールの影響。現在に渡るまでポールのすべてのキャリアで歌い続ける「Move On Up」を収録する偉大なるアルバムだ。New Soulという言葉をこのアルバムから感じ取った。すなわち、白人に消費されることでポジションを築いてきた60年代Soul、そこから自己実現のためのパワーを得たSoulの持つ輝かしさ、晴れ晴れとした、堂々としたプライド溢れる音楽。もはやSoulだRockだなどのジャンルではなく、そこにあるのはカーティスというジャンル。イギリスの労働者階級出身のポールが惹かれたのは当然だろう。 ポールはカーティスの精神の継承者ですね。

ちなみにこのアルバムは今回ランクインしませんでしたが、ベスト100には入ります。


*My 55 LPsは2016年1月に55歳を迎えるにあたってのこころのベスト55です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加