とわだ百笑一起ブログ【エコロ編】

とわだ百姓一起ブログ【百姓編】のヒュ~イの環境に関するお話です♪
青森県十和田市から発信♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真っ赤に燃える苺・・・

2006年06月17日 | とわだ百笑一起ブログ【百姓編】過去ログ
本日、八戸農話会にて講師を務めた。

昭和35年からスタートしたこの会は、
月に1度集まり、食事をしながら色々な話を聞き、語らう会である。

会員は、農家さんもいるが、元県職員や元校長先生など
多岐にわたり人生の諸先輩ばかりである。

今回で第532回、前回の講師は八戸市長だった。
テーマは「こども達との食農共育 ~ミミズが教えてくれること~」
自己紹介を交えながら、とわだアグリ塾21の活動を紹介した。

真剣に聞いてくれたこともあり、自分の思いも語ったせいか、
終わったあとは、何度も割れんばかりの拍手!?
(20名程度だったので、気のせいだと思うが・・・)

「今日は良い話を聞いた」
「先生、これからも頑張ってくれよ」
と自分の親父と同年代となる人生の諸先輩から言ってもらえたこともあり、
うれしさが込み上がるとともに、使命感がフツフツと湧いてきた。

八戸からの帰り、楽園に寄った。
家族で苺の収穫・・・
この苺、マイミクのhiroさんから譲ってもらったもの
今日の苺は、特に真っ赤に感じた。

カミサンが熱心に苺を摘んでいた。
(ちなみに写真は息子です)
そんな姿を見て、今日の話のオチを思い出した。

オトコのロマンは、オンナのガマン
最後、カミサンに感謝

割れんばかりに聞こえた拍手は、そのせいだったのだろうか!?
『青森県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10日早いゾ、梅雨入り | トップ | ポパ~イは缶詰、僕はサラダで »
最近の画像もっと見る

あわせて読む