昔懐かしい音楽情報をお届けします。

1950年から1980年代の音楽情報です。

ベートーヴェン生誕記念盤 暮らしの手帖記事より 1970/spring 

2016年10月12日 | 今日の1枚

この号を読み返すと1970年がベートーヴェン生誕に当たるのを再度認識しました。

当時は14歳でしたからまだクラシックには縁が無く、もっぱら洋楽や流行歌を携帯ラジオで聴いていた時代です。

クラシックに興味を持ってきたのは中3くらいからでもっぱらFM放送を直接聞いていました。

その後、中学を卒業してアルバイトして買ったラジカセで録音したものを聞いていました。

初めて感動を覚えた曲がベートーヴェン作曲の交響曲第5番「運命」で、その後「田園」、「英雄」、「合唱付き」と虜になった記憶があります。

レコードも当時はベートーヴェンの作品が一番多かったと思います。

2020年がベートーヴェン生誕250年を迎えます。またいろいろな作品集が出されるでしょうね。

今度はその機会を実感できそうです。

その他にこの号ではシュワルツコップ、アルゲリッヒ(アルゲリッチとして聞いていた覚えがあります)、ハインツ=ウルスラ・ホリガー等が紹介されています。

特にハインツ・ホリガーは後に虜になるモーツァルト作曲オーボエ協奏曲で大好きになりレコード、CDをそろえています。

「君が代なんてカッコわるい」の記事は当時から変わっていないような気がします。

『雑誌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暮らしの手帖 第2世紀 第5... | トップ | 暮らしの手帖 第2世紀 第6... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL