横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

市民の森の蝶

2017-07-13 04:35:46 | 日記



瀬谷市民の森では季節によりいろんなチョウが見られる。
林縁では最近ダイミョウセセリとかコミスジとかアオオスジアゲハ等が飛んでいた。






白い模様を紋付に羽織袴と見立てられたようだが・・・
前縁の青紫色は初めて見たような気がする。






林の中に入っていくとヒカゲチョウとかサトキマダラヒカゲなどを見かけるようになる。
コジャノメやヒメジャノメなどもいる。






クヌギやコナラの木は樹液が豊富だ。
特に盛んな場所にはカナブンなどの虫が集まっている。
そこにやって来たのはルリタテハだ。






カナブンが占領しているので、ちょっと離れた場所の裂け目に長い口吻を伸ばす。






満足したのか枯葉の上で翅を休める。

ルリタテハは成虫で越冬するので、冬場でも気温が上がると姿を現すことがある。






シオデの葉にルリタテハの幼虫がいた。
体長2cmぐらい。毛の先が黒い花火になっている。
サルトリイバラの仲間やホトトギスなどを好物としているそうだ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水性植物に花 | トップ | 今年も蜻蛉草に会う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-07-13 12:21:46
紋付袴姿に例えられてダイミョウセセリと呼ばれていると知ったら、
当の本蝶たちはどんな気持ちになるかしら。
そんなのかんけーねー でしょうけれど。
ルリタテハは実物を見てみたい蝶ですが、まだかないません。
でも、この幼虫姿は… イラガの仲間とそっくりですね。
私が出会ったら、ギョッとしてイラガの仲間と思いこむこと
間違いなさそうです。
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-07-13 19:04:15
こんばんは。
人間たちが勝手につけた名前なんて、そんなのかんけーねー ですよね。
ルリタテハは林やその付近にいるようですので、ポージィさんのご近所では機械が少ないでしょうか。
泉の森ではチャンスがあると思います。
イラガの幼虫もこういうのがいますね。
タテハチョウの仲間がみんなこういう感じです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。