横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

キチョウと卵

2016-10-20 06:11:41 | 日記



家の窓の下を流れる小川の100mほど下流でハギが枝垂れている。






咲き残った花で、キチョウが蜜を吸っていた。






何頭もいる。蜜のためだけではなさそうだ。
キチョウの幼虫はハギの仲間やネムノキなどのマメ科の植物だ。
産卵していないか気になったが、川の向こうで確認できなかった。






泉の森「しらかしの家」の庭にメドハギが生えている。もう花はない。






その葉の上に白いものがあった。キチョウの卵だ。真ん丸でなく面白い形をしている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流れの傍に秋の草花 | トップ | 大の字 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2016-10-20 15:42:15
咲き残った萩に集まるキチョウたち、ピンクと黄色と緑がとても綺麗だなぁと思いました。
蜜を吸いにと同時に交尾や産卵にも訪れていたのでしょうか。
しらかしの家の庭のメドハギには気付きもしませんでした。
おーちゃんはそのメドハギに産みつけられたキチョウの卵に気付かれたのですね。
すごいです~ キタキチョウは越冬もできるのですね。この卵はメドハギの葉が
枯れ落ちる前に成虫になるまでたどり着けるでしょうか。間に合いますように。
ポージィ さん (おーちゃん)
2016-10-20 20:28:31
こんばんは。
県内は住宅街も含めてたくさんのキチョウが飛んでいますね。

しらかしの家のメドハギとキチョウの卵は泉の森のブログで紹介されていたので探しに行ったものです。
前庭のちょうど真ん中あたりにありました。
この卵が幼虫になって蛹になって成虫まではどれぐらいの時間がかかるのでしょう。
多分間に合うと思いますが…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。