横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

更紗やカールでお洒落

2017-05-20 06:39:51 | 日記



大和市・ふれあいの森の入り口で今年もサラサウツギが咲いた。
しかし数年前に比べると花の数がうんと少ない。






八重咲のウツギで、外側の花弁に紅が入っている。これが更紗の所以だ。






ふれあいの森に入って坂道を下っていくと、道端の杭に何か止まっている。






マガリケムシヒキアブだ。なんだか毛や髭みたいなのが多い感じだ。






頭から胸にかけて複雑な姿で興味深い。
両眼の後ろ辺りの短い毛がちょっとカールしているのがマガリケ(曲がり毛)の所以だろうか。






こちらが近づいても飛んで行かないで、このアブは何をしているのだろう。






どうやら雌のようで、産卵管を杭の裂け目に入れているように見える。






しばらくすると場所を変えようとしている。






先程より少し上のところへ産卵管を持っていく。
長い時間をかけているので、見届けずに帰ってしまった。

シオヤアブやアオメアブなどは泡でできた卵鞘に産卵するが、
どうもマガリケムシヒキアブは違うようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都忘れと帰化 | トップ | 立てば・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-05-20 13:58:00
そういえば、ご近所の畑に植えられているサラサウツギも、今年は花が…
こちらは今年になってからの強剪定が響いているようですが、
ふれあいの森の方はなぜでしょね。
 
マガリケムシヒキアブ 「ムシヒキ」という名前を知っているのに、
曲がり毛虫 と読んでしまい、毛虫を抱えているのかしら?と
目を凝らしました(^^;) なんだかうちの窓ガラスに
とまっていたのと似ています。
こちらさんは産卵中だったのですね。
それにしても、毛深くて胸の辺りが逞しくて、肉食捕食者の
イメージにぴったりの姿形ですねぇ。
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-05-20 19:14:53
こんばんは。
ご近所のサラサウツギも不作なのですね。
強剪定が影響しましたか。
ふれあいの森はよく分かりませんが、同じようなことかもしれませんね。

毛虫引きアブだと植木周りでは重宝するのでしょうが・・・
お宅の窓ガラスにも来ていましたか。わりあいポピュラーですからね。
この姿をみれば虫たちは震え上がりそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。