横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

好古園

2016-10-14 06:33:42 | 旅行



姫路城に隣接して好古園というのがある。
昭和60年以降に発掘調査で確認された西御屋敷跡、武家屋敷跡、通路跡などの地割を活かし、
九つの庭園群が造営されて平成4年に好古園として開園した。





姫路藩主の下屋敷があったところの庭は「御屋敷の庭」といい、
池泉回遊式庭園で好古園の中で最大の庭園だ。
池畔の「潮音斎」は中秋の名月を愛でるのに最適だそうだ。






「苗の庭」、「茶の庭・茶室双樹庵」を経由して「流れの平庭」に至る。
この庭が流れがゆったりと伸びやかで岸辺には四阿も建っている。






「夏木の庭」、「松の庭」、「花の庭」を楽しんで「築山池泉の庭」に至る。






「築山池泉の庭」は黒松や紅葉を配置した日本庭園で茅葺の四阿「臨泉亭」も風情がある。






池を回ると向こうに姫路城が見える。






最後は「竹の庭」。
十五種類の竹類を植栽した庭園で中央小高いところには四阿「聞竹亭」がある。






一隅に井戸があった。釣瓶で水を汲み上げられるのかどうか分からなかった。


今回は予備知識もなく雨の中を駆け足だった。
落ち着いて訪れれば、たとえば紅葉など四季折々に楽しめそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キバナコスモスと蝶 | トップ | 泉の森のシジミチョウ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2016-10-14 11:01:47
「好古園」初めて知りましたが、良さそうなところですね。
歩写真拝見してたくさん魅力を感じました。
『西御屋敷跡、武家屋敷跡、通路跡などの地割を活かし、
九つの庭園群が造営』
このアイデアが素晴らしかったなとも思います。
HPも見てきましたが、入場料もお高くなくて、ご近所の方は四季折々を楽しめそうですね。
ポージィ さん (おーちゃん)
2016-10-14 20:58:38
こんばんは。
好古園というのは名前も今まで知りませんでしたが、なかなか良い庭園でした。
関西に住んでいれば四季折々に訪ねてみたいところです。
見学途中で水分がほしくなったのですが、自動販売機などの設置はありませんでした。
現代的なものはきっちり抑えているようでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。