横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

いつの間にか ツワブキ

2016-11-12 06:56:17 | 日記



ツワブキ(キク科)
ふっと気が付いたらツワブキが咲く季節になっていた。






今年は抜けるような青空の秋を感じることが少なく、
雨が多かったり北の方では真冬のような積雪のニュースを見る。

ツワブキは初冬の花だが、近所では少し前から咲いていた雰囲気だ。






ツワブキの頭花は直径5cmぐらいで、10個ほどの舌状花と多数の筒状花からなる。






ツワブキは石蕗とか艶蕗と書くらしい。
葉の艶から「つやぶき」が訛ってツワブキになったかもしれないが、石蕗のほうはよく分からない。
海岸の岩場辺りに自生していたということだろうか。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蔓になる赤い実 | トップ | コスモスに蛾 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2016-11-12 11:45:41
ツワブキの花、こちらでも花盛りのものを見かけました。
例年と比べて早いのか遅いのか、なんだかよく分からなくなっています。
この時期の黄色の花は、より鮮やかに感じられますね。
名前の漢字表記の、石蕗のほうは仰るように、海岸近くの
自生地の環境
から来ているのでしょうね。普段見かける環境からはピンと来ませんが。
ポージィ さん (おーちゃん)
2016-11-12 20:44:16
こんばんは。
本当に天候が変なのでツワブキなど花が例年より早いのか遅いのかよく分かりませんね。
海岸近くでイソギクとかハマギクを見たことはありますが、
ツワブキはあまり記憶にありません。
それだけ街の中で見かけることが多いということでしょうか。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。