横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

蓮華紫苑稚児

2017-04-21 06:24:15 | 日記



ほんの少し前、向こうの丘にはまだ桜が咲いていた。






谷戸の草花に混じって薄紫の花たちが見える。レンゲソウだ。






ゲンゲ(マメ科) レンゲソウ
昔の田んぼでは春にいっぱいのレンゲが咲いたのだが、今は珍しくなった。






ハルジオン(キク科)
近くにはハルジオンが咲き始めていた。
これから初夏にかけて、どんどん花の数が増えていくのだろう。






少し小高いところへ上がっていくと草の葉が広がる間に小さな花たちがあった。
チゴユリだ。






チゴユリ(イヌサフラン科)
白い花と思ったが花冠の芯は黄色が入っている。

葉が元気に広がっているが冬には消えて地下茎だけが残るという。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すぐ近所にコジュケイ | トップ | 優しい感じ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポージィ)
2017-04-21 11:53:07
由緒正しい(?)里山・谷戸という雰囲気の景色。
こういうところは動植物とも豊かなのですよね。
それでも、田んぼの蓮華はもう名残だけとなっていますか。
わが家で毎年種を取って咲かせていた蓮華も、とうとうやめて
しまいました。
少し草丈の高いハルジオンたちはこれからが本番ですね。
お隣空き地にも何本か伸びてきています。まだ咲いていないようです。
チゴユリはまだ会ったことのない山野草です。花は小さいですが
葉はけっこう大きく展開するのですね。限られた期間に目いっぱい
お日様浴びて、しっかり光合成行うためかな…
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-04-21 21:31:12
こんばんは。
はい。動植物が豊かなのだろうと思います。
もう少し暖かくなったら昆虫たちの活躍をたしかめたいものです。
蓮華は田んぼの肥料のための役割を利用しなくなったので、名残を残すだけになったのでしょうね。
チゴユリは葉ばかり展開して花が少ないのでちょっと残念です。
花に頼らない作戦をとっているようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。