横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

実のつきかた

2017-06-20 06:46:16 | 日記



鎌倉中央公園でしばらく前に咲いていたハクウンボク(エゴノキ科)が実のっていた。






ハクウンボクはエゴノキの仲間だけれど実の付き方が少し違う。
エゴノキは果柄が長く実がぶら下がっている感じだけれど、
ハクウンボクのほうは果序の軸に短い果柄の実がいくつもついている。






こちらはまた果柄がずいぶん長い実がたくさん下がっていた。
ツリバナ(ニシキギ科)だ。






かなり長い柄で薄紫の花や果実がぶら下がる様子から吊り花と呼ばれる。
果実は赤く熟すと5裂して中の種が姿を現す。






ブッシュに赤い実が見えた。オニシバリだ。






オニシバリ(ジンチョウゲ科)は葉腋に短い柄で数個の果実が固まってつく。

果実のなり方もそれぞれに個性があって面白い。






お昼を食べながら、ふと向こうの地面を見るとルリシジミが集まっていた。
ときどき見る光景で集団吸水をしているらしい。





少しぐらい近づいても逃げないし、時に飛びたってもまた同じ場所に戻ってくる。
他にも水分の多い場所はありそうなものなのに、どうしてここがいいのだろう。
ここは柿の雄花が落ちる場所だが、そういうことと何か関係があるのだろうか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翅の付け根の色 | トップ | 予想外の出会い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-06-20 15:30:30
ハクウンボクって、こんなブドウみたいな実の付き方をするんですね。
ツリバナも長ーい果柄がちょこっと枝分かれしたりもして、面白いですね。
逆にオニシバリは短いほとんどないような果柄。
付き方も色も、熟し時も様々、面白いですね。
おや、ルリシジミの集団吸水とは。いまだこういう光景には
あったことがありません。皆が集まるということは、何かしら
ここで吸水したいと思う条件があるのでしょうね。
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-06-20 22:30:31
こんばんは。
木の実は大きさも形も色もさまざまですが、そのなり方も違うのですねえ。
進化の違いと言えばそうなのでしょうが、おかげで人にとっても受け取り方や利用の仕方がさまざまで面白いです。
ルリシジミの集団吸水はときどき見かけます。
ほかにカラスアゲハやクロアゲハなどの仲間でも見ますね。
明らかな水辺に集まるわけでないのが不思議です。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。