横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

ミゾソバ

2016-10-17 06:44:15 | 日記



今の時期、泉の森をはじめあちこちの水辺や湿地でミゾソバが盛んだ。






ミゾソバ(タデ科)
5裂した花被は小さいけれど白に薄いピンクが入って目を惹く。






枝先に10個ほどの花が集まって咲く。

実は夏から咲き始めているので花期はずいぶん長い。






小さな花にもさまざまな虫たちがやって来る。
シマハナアブなどアブやハチたちにも人気がある。






蝶の例としてイチモンジセセリ。ずいぶん長い間ひとつの花に止まっていた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬鳥そろそろ | トップ | 高い木にいっぱい »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2016-10-17 10:46:10
ミゾソバの群れ、綺麗に咲いていましたね。
私はずーっと出歩かなかったので、10/10が今年最初のミゾソバになりました。
可愛い花を綺麗に撮っていらして、シマハナアブやイチモンジセセリちゃんも
素適なモデルになってくれましたね。
セセリちゃんは蜜を吸ったついでにお昼寝していたのかしら。
ポージィ さん (おーちゃん)
2016-10-17 20:54:59
こんばんは。
10日もミゾソバはきれいに咲いていたでしょう。
同じタデ科でもソバの花とはまたちがう魅力があります。
いろんな虫が来るという点では同じです。
セセリはミゾソバのおいしい蜜に酔ってしまったかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。