横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

蜻蛉草

2016-09-18 06:13:53 | 日記



ツルリンドウ(キキョウ科)
芦ノ湖西岸歩道の入り口に少しだけツルリンドウが咲いていた。
小さな卵のような赤い実が出来るのが楽しみだ。






そこから少し歩いた所にはトンボソウの花が何株か見られた。






トンボソウ(ラン科)
高さは20cmちょっとだろうか。






花の一つ一つはトンボというにはこじんまりしている。






オオバノトンボソウ(ラン科)
長池公園や瀬谷市民の森で見たオオバノトンボソウのほうがトンボに近いイメージだ。






茎の下のほうは実が出来ていた。
熟すとどういうふうになるのだろう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マツとマツ | トップ | 吊り花とカメムシ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2016-09-18 16:17:37
ツルリンドウ、しっとりと綺麗ですね。赤い実も、また見せていただけるかなと
楽しみです。 咲いている花の左右に二つずつあるものは、
まだ小さな蕾でしょうか? それとも、蔓の色が違うので別物…?

仰るとおりで、トンボソウよりもオオバノトンボソウのほうがトンボをイメージ
しやすいですね。トンボソウは、トンボよりヤゴに近い気がします。

ポージィ さん (おーちゃん)
2016-09-18 20:53:06
こんばんは。
ツルリンドウもやはりリンドウの仲間で綺麗です。
赤い実は前に見たことがありますが、今はまだできていませんでした。
左右にある二つずつの花は撮っているときにあまり気づかず未確認です。
ご指摘のように茎(蔓)が違うので別物だと思います。
なるほど、トンボソウはトンボよりヤゴに近いですね。ありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。