横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

泉の森、初夏の花

2017-05-17 06:44:17 | 日記



泉の森の湿地の奥の林は早春からいろんな草花が見られた。
ミスミソウ、カタクリ、ニリンソウ、イチリンソウ、セントウソウなど。
少し前に旺盛だったヤマブキソウ(ケシ科)もほとんど終わっていた。






何か咲いていないかなあと探したら葉陰に隠れるかのように白い花が見えた。
オドリコソウだ。群生というほどではないが十株近く見られた。






オドリコソウ(シソ科)
葉腋から輪生する花を数段つける。
笠を被った踊り子に見えるだろうか。







他にはキエビネ(ラン科)が一株だけ咲いていた。






フェンスの奥の方なので花の構造までしっかりとは撮れなかったがランの姿のはずだ。
前にはもう少したくさんあったような気がする。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気のハルジオン | トップ | 我が家のユキノシタ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-05-17 11:00:06
泉の森の奥まった場所の春は、今年も見ずじまいとなりました。
次々と楽しかったでしょうね。ヤマブキソウが沢山咲いて、
木漏れ日に輝いていた光景を思い出しています。
今はもうどんどん緑が深くなりつつあることでしょう。
そんな中、オドリコソウがひっそりと。花色が真っ白のタイプなんですね。
キエビネはさらにひっそりと‥ 数が減ってしまったのだとしたら
なぜでしょう。他の植物との競争に負けたか淘汰かもしれませんね。
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-05-17 21:00:33
こんばんは。
泉の森の奥はヤマブキソウもたくさん咲きますね。
今年はその時期を見逃しました。
またそのほかの花も毎年すこしずつ様子が変わっているように思います。
林の下草の具合とかが影響するのかどうか。
花の都合はなかなか知ることが出来ません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。