横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

市民の森で今年も咲いた

2017-03-30 06:51:28 | 日記



カントウタンポポ(キク科)
瀬谷市民の森の入り口あたりにタンポポがいくつか咲いていた。





舌状花の集まり。花弁もシベも全て黄色だ。





奥の方に入って春蘭の具合を見に行った。





シュンラン(ラン科)
今年も、旺盛な葉の中にシュンランが咲いていた。
昨年はたくさん咲いたのに今年は一輪だけだ。


鱗片に包まれた長い花茎の先に形の良い花が載っていた。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開花したが | トップ | 四季の森公園にカタクリが »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-03-30 11:00:06
カントウタンポポとシュンラン♪
日本の子たちにも春が来た~ シュンランは日本限定ではなかったかしら‥
ともに一輪ずつとはいえ、素適ですね。カントウタンポポは
ロゼッタの美しさにも心惹かれました。
シュンランは今年は1輪だけなのですね。栄養をしっかり蓄えたら、
来年はまた何輪も咲くかもしれませんね。
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-03-30 20:01:02
こんばんは。
春蘭は日本産。日本らしい姿のランですよね。
あまり目立たない場所で毎年しっかり咲いてくれるのがうれしいです。
タンポポのロゼッタを見ていただいてありがとうございます。
花一輪を広がったロゼッタががっちり支えているようにも感じます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。