横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

枝垂れ桜と彫刻

2017-04-06 06:44:37 | 日記



八王子駅から北口駅前通りと甲州街道が交わる「駅入口交差点」に枝垂れ桜が咲いていた。






ちょうど満開で写真を撮る人たちも多い。

向こうの鳥居は市守神社・大鳥神社で、1590年に市の繁栄を願って倉稲魂命を祀り、
江戸中期になって天日鷲命が配祀され市守大鳥神社となったそうだ。






枝垂れ桜の傍には子供の彫刻がある。
「将軍の孫」と銘があり北村西望の大正7年の作品だ。






アトリエに遊びに来た息子がぶかぶかの軍靴で挙手の礼をとるのをモデルとしたそうだ。






道路をはさんだ向こう側には子供をおんぶした女性の彫刻がある。
やはり西望作で「若き日の母」と銘があり、大正14年の作品をもとに昭和59年に作られた。

八王子市は「彫刻のまちづくり」を目指していて市内には100基以上も設置されているそうだ。






浅川大橋から見る桜はまだ少し早かった。週末には満開だろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古淵鵜野森公園 | トップ | 小宮公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。