横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

都忘れと帰化

2017-05-19 06:20:35 | 日記



家の外、ちょっとした花壇にユキノシタと混じってミヤコワスレが咲いている。
都忘れの名前は佐渡に流された順徳天皇の思いに由来するという。






ミヤコワスレの花の色は青、薄紫、白などさまざまだ。






こちらは小さな鉢植えで一株だけ咲いている。花自体も小さい。






連れ合いは、ミヤコワスレは濃い青紫色のものが一番と言っている。






こちらは我が家の庭ではなくて近所のところどころで見る群生だ。






ヒルザキツキミソウは名前が示すようにマツヨイグサ(月見草)の仲間だが、
花が黄色ではなくて薄いピンク色なので同じとは気づきにくい。






しかし雌しべの柱頭が4裂していたり、萼(花弁)が4枚ある点などはマツヨイグサの仲間だ。

月見草というと和風だが、マツヨイグサの仲間はみんな帰化植物だそうだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家のユキノシタ | トップ | 更紗やカールでお洒落 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-05-19 11:30:23
今日のお庭の花の主役はミヤコワスレですね。
淡い紫色の群れ咲く様子も優しくていいですし、キュッと引き締まる
濃い紫色もまたすてきで…甲乙つけがたいです。
 
ご近所のヒルザキツキミソウの群生には驚きました。
遠くから見たら、ツツジの生け垣が満開なのかと思うほどの
密集群生咲きですね。これほどたくさん咲いているのは初めて見ます。
綺麗ですね。名前やぽっかり咲く花姿から、あまり帰化した
花のようには感じませんね。
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-05-19 22:43:30
こんばんは。
花の色はさまざま。どれもしっかり咲いてくれているので甲乙つけてはいけないのでしょうね。

ヒルザキツキミソウはけっこう群生しているものですが、ここのは特に多かったです。
アカバナユウゲショウも仲間ですが、
ヒルザキツキミソウはうんと大きいので群生していると迫力があります。
ツキミソウと同様、日本になじんだ雰囲気がありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。