横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

泉の森の小川で

2017-07-11 06:10:59 | 日記



大和市の泉の森では源流からしらかしの池までの間に小さな流れがある。
水辺を好む生き物たちがいろいろ見られる。






ハグロトンボが翅を広げたり閉じたりしている。






日曜日には小川で遊ぶ子供や家族連れも多い。

ザリガニ釣だろうか竿から垂れた糸に、トンボのカップルが止まっていた。






釣竿の持ち主がちょっと嫌がったのでトンボは近くの岩の上に落ち着いた。






けっこうオタマジャクシやメダカなどの魚がいる。
小さな群れが泳いでいたのはメダカよりずっと大きくオイカワであろうか。






その群れから少し離れたところで婚姻色らしい雄がゆったりしていた。


子供たちが小川に入っても生き物たちはうまく付き合っているようだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Casablanca | トップ | 姉妹 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ポージィ)
2017-07-11 12:06:42
和泉の森の小川も小さな生き物が色々いるのですね。
ハグロトンボもいますか。おやおや、ザリガニ釣りの糸にカップルで止まられては、
持っている親子は動くに動けませんね。代わりに良い観察の機会となりましたが。
小魚たちは何が何だか??でしたが、メダカよりずっと大きいものに
オイカワというのもいるのですね。そのオスはこんな婚姻色になるのですか。
金と黒と朱が混じったような… 錦オイカワですね。
ポージィ さん (おーちゃん)
2017-07-11 20:05:03
こんばんは。
泉の森の小川は子供たちがバシャバシャ入るのですが、
案外たくさん魚などの生き物が住んでいます。
逞しいものですね。
引地川にはいろんな魚が泳いでいるのだろうと思いますが、
その上流でもちゃんと魚たちを見ることが出来ました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。