閉伊川ワカサギ博士の何でも相談室

Welcome to Dr. WAKASAGI at HEI-RIVER 森川海をつなぐ学び合いの活動を紹介します

閉伊川大学校2009開校

2009-05-30 | 閉伊川調査
 閉伊川大学校2009が開催された。

 本年最初の検討会議が催された。昨年の参加者でエデュケーターに登録された7名の方々が集まり活発な議論を行った。閉伊川の自然環境を後生に残していきたい,という共通の願いを持っている。

 今年度は,閉伊川中流域での川の調査と安全教育を行うことになった。閉伊川大学校はこれから上流から河口域まで毎年小学生を対象とした教育活動を継続することも確認した。

 今年度は,9月13日に湯ったり館付近の浅瀬において,子どもたちが水生生物の採集,観察調査と水質調査,安全教育を実施した後に,閉伊川の魚を河原や焼いてみんなで食べてみる体験を行い,その後,学習の振り返りをやろういうプログラムである。

 今回,話題になったのは,知識を先に提供するか,体験を先に提供するか,ということであった。昨年の様子では,知識を最初に与える方が良かったのでは,という意見と,体験を重視した方がいい,という意見がエデュケーターからあがった。最終的には,どちらも大切であり,両者をどのように組み合わせるかと言うことが大きなポイントである,それを踏まえたプログラム開発しましょうということになった。次回の教材開発検討会で,詳細が議論される。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界海洋会議 in Manado

2009-05-16 | 水圏環境リテラシープログラム
 世界海洋会議(World Ocean Conference)がインドネシア国マナド市で開催された。約80ヶ国から1000人以上の大学関係者, 政府関係者が参加した。

 インドネシアは,海洋面積からしても,島嶼の数からしても誰もが認める海洋国家である。この会議は,インドネシアが総力を挙げて取り組んだ催しである。この会議のために,コンベンションセンターを建設したり,コンベンション前の敷地に各県(33県)ごとの巨大なブースを展示するなど,力の入れようが理解できた。

 連日連夜,新聞やテレビなどのメディアがトップニュースでWOCの様子を伝えている。一般人でも,海洋に興味関心を高めてもらうという政府の意向が反映されているのだろうか? マナドの地元人,ヘリーさんに聞いてみた。「WOCを知っているか?」「はい,知っています。朝のニュースでも,毎日取り上げられています。海は,インドネシアだけでなく,世界の気候に大きな影響を与えるものなので,海のことを理解する必要がありますね。」また,ジャカルタでも,ライオンエアの係員に話を聞いた。「WOCを知っているか?」「知っている。インドネシアは海が大変汚れている。何とかしたい。」「何が一番重要か?」「一人一人の責任の自覚だ。」

 本会議は,シンポジウムと本会議の二本立て行われている。20以上のセクションに分かれていて全ての様子を伺うことが出来なかったが,Ocean Ethics, Social Ecology System, Marine Education の分野で参加・発表した。発表内容は「水圏環境リテラシー教育推進プログラム」に関するものである。

 参加したシンポジウムの中で,重要な課題として浮かび上がってくるのは,1 経済発展と生態系の維持は両立できるか,2 大学の研究は,どのように漁業者に貢献できているのか? 3 一つあるいはそれ以上の社会システムに影響を受けている生物学的エコシステム(Social Ecological System)という概念は重要であるが,グローバルな経済システムの中で考えていくことが理想である,ということである。

 このような課題は,簡単に到達できる目標ではない。しかし,この目標を共通の理念として念頭に置きながら,研究者として社会と関わりながら研究を進めることが大切であろう。ボゴール農科大学では,クラシフィカルサイエンスからシステマティックサイエンスを重要視したカリキュラムを作成した。また,シーグラントカレッジシステムを取り入れたシーパートナーシップにより漁業者や一般人とのつながりを深めているという。

 本会議のほうでも,インドネシア大統領は,海洋の問題は死活問題であると述べ,世界が一体となり取り組むことの重要性を訴え,インドネシアでは海外とのつながりを強化し,インドネシアチャイナ海洋気候センター(ICCOC)を共同で立ち上げることを発表した。(写真はグーグル社による,Webによる海洋利用の可能性に関するプレゼンテーション in Manado Convension Center)

The following is rough translation:

A world ocean conference (World Ocean Conference) was held in Indonesian country in Manado.
The persons concerned in a university beyond the Ten 0 -10 person, an administration official participated from an About 80 countries.

Indonesia does from the ocean area, or it is the ocean state Is equal to which anyone recognizes even if it does from the number of islands.

This conference is the entertainment that all the energies were given in Indonesia and which it grappled with.
It could understand the way which the power took to build convention center for this conference and to display the huge booth of each prefecture (33 Prefecturs) in the convention Previous site.

Day and night, a newspaper and the media such as a television introduce the state of WOC by the top news.
Is the governmental intention that even the general public has interest concern raised in the ocean reflected?
I tried to ask the local person of Manado and a helicopter Never.
「Do you know WOC?」
「 Yes, it knows.」
It is featured in the morning news as well every day.
「We must understand the sea because a major impact is given to not only Indonesia but also the climate of the world.」
And, a story was asked to the person in charge of the lion air as to Jakarta.
「Do you know WOC?」
「It knows.The sea is strangely dirty in Indonesia. I want to do something.」
「 What is the most important thing?」
「It is the consciousness of the responsibility of each.」

A plenary session has the double feature of the symposium and the plenary session done.
Participation was announced in the field of Ocean Ethics, Social Ecology System and Marine Education though it was divided into the section more than the Twenty.

Contents of an announcement was about "Aquatic marine environment literacy education promotiing program".
Does it as an important subject in the symposium which it participated in, and can economic development and the maintenance of the ecosystem go together, or how can it contribute to the fishery operator that the top comes as for the research of university?

A thing to think about in the global economic system is the general idea of the biological ecosystem (Social Ecological System) which takes an influence in the social system.
Such a subject is the goal Is not which can reach it easily.
But, it is important to proceed with the research with being concerned as a researcher with the society with the ideology of this goal View commonness doing and thinking of it.
The curriculum that a systematic scinece was taken seriously from the classifical science was made in the Bogor Agricultural university. And, say that you deepen a fishery and a connection with the general public by the sea partnership that sea grant collge system was adopted.

The President of Indonesia mentioned the problem of the ocean about the plenary session with the matter of life and death, and complained about the importance of the thing which becomes world is equal to unity and which it grapples with, and a connection with the foreign countries was strengthened, and it was announced that Indonesian China maritime climate center (ICCOC) was started by the cooperation in Indonesia.
(A photograph is a presentation in Manado Convension Center about the possibility of the ocean use by Web by the Google company.)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

閉伊川ワカサギ減少か??

2009-05-09 | 閉伊川調査
水温16度。水位は下がってきている。ワカサギは一網で20尾程度しか採集できない。残念であるが,ここ数年ワカサギの遡上が減少している。アユの天然遡上もまだ確認されていない。ウグイも姿を見せていない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加