閉伊川ワカサギ博士の何でも相談室

Welcome to Dr. WAKASAGI at HEI-RIVER 森川海をつなぐ学び合いの活動を紹介します

レジリエンスと教育 アメリカ海洋教育学会3日目

2017-06-28 | 水圏環境教育

社会,経済,自然に関するレジリエンスを高めるための取組をサウスカロライナシーグラント,チャールストン大学が自治体や民間とも連携を図り行っている。

社会,経済、環境システムを持続可能性にするための教育システムを構築している。

また,オーシャンリテラシーの会議がUNで初めて実施された。OLは現在UNの重要な目標になっている。

どのようにOLと持続可能性とが繋がっているか。

正確な科学,市民の参加,シーズ オブ チェンジが今回のテーマであるが,コミュニティが強固になることが必要だ。

http://www.coexploration.org/gose/

 質問 チャールストンにも,先住民が住んでいるが良く自然との共存について知っている。グローバルな知恵だと思うが,どう考えるのか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャールストン湾の河口域を... | トップ | 海洋酸性化の理解を深める教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。