閉伊川ワカサギ博士の何でも相談室

Welcome to Dr. WAKASAGI at HEI-RIVER 森川海をつなぐ学び合いの活動を紹介します

科学の限界と科学的思考の限界

2017-03-07 | 水圏環境教育
本日は、関東の某自治体と水質浄化に関する実験結果について話し合いを持った。残念な事が2つあった。1つは、国の水質改善基準の問題。もう1つは、自治体担当者が科学的に根拠を積みながらの思考ができないこと。その根本問題は、上意下達の非民主的習慣。対等に対話して学び合う水圏環境教育の重要性が浮き彫りにされる貴重な半日だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Asia Marine Educators Assoc... | トップ | 第6回日本水圏環境教育研究会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。