閉伊川ワカサギ博士の何でも相談室

Welcome to Dr. WAKASAGI at HEI-RIVER 森川海をつなぐ学び合いの活動を紹介します

生命といのちの違い

2017-03-30 | 水圏環境教育
第6回水圏環境教育研究会では、大変有意義な時間を過ごすことができた。11演題で一貫して流れていたのは、いのちの「主体性」である。いのちというのは、主体性を持っている。なぜいのちはそのような生活を送るのか、それは「主体的」に生きようとするからである。それを理解するために生活史研究がある。生活史は、環境と密接に関わりがあるが、環境に規定されながらも、いのちは繋がろうとする。なぜならば、生きようとするからである。環境は自分で変わる意思はないが、生き物は「主体性」を持ち、変わろうとすれば、変わることができる。その原理を解明しようとしたシラウオ、ワカサギの生活史研究が水圏環境教育の原点であり今に通じている。
先カンブリア紀から続くいのちの営みも同様だ。「いのち」の主体性によってつながっているのである。
生命といのちの違いについて、水俣病の認定に関わった赤堀氏の考えが紹介された。その違いを例えれば、患者に対する医師と考え方と患者本人と家族の考えの方の違いに似ている。また、教師と生徒、科学者と市民の考え方の違いに似ている。その間には、閾(しきい)が存在している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第6回日本水圏環境教育研究会... | トップ | 「あの世」とは森川海とその... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。