閉伊川ワカサギ博士の何でも相談室

Welcome to Dr. WAKASAGI at HEI-RIVER 森川海をつなぐ学び合いの活動を紹介します

シーグラント50周年記念式典に参加しています。

2016-10-13 | 水圏環境教育
アメリカには、大学が地域を振興を担うという特殊な仕組みがある。日本だとそれはうちがやっている、と各部署から声が上がりそうであるが、想定外の災害が多発する今日に於いて、気候変動による水害、高潮、健康被害など生命や財産に関わる問題が大きな課題になるだろう。その解決のためには、従来からのシステムでは対応しきれない。住民の教育、啓発が喫緊の課題なのだ。そのためには、行政、大学、産業界だけは不十分。何よりも住民参加が必要だ。もちろん産学官民が、対等に対話して学び合う姿勢を、学び合うこと。このことが最先端の研究をになっている大学研究機関が、率先して行うべきことなのである。


ローアイランドニューポートにて、ロブスターの漁師ジョンさんと。ロブスターは、スカベンジャーで、死骸を食べるという。水揚げも上々だという。

ゆでたてのロブスター。脳ミソはちょっと苦い。
調理場はなんとキャンパーであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理科教育法Ⅰで扱う十字モデル... | トップ | シナリオ分析で話し合った結果 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。