三無主義

 ~ディスパレートな日々~

秋華賞~ジュエラー

2016年10月16日 | 競馬

◎ジュエラー
〇ミエノサクシード
▲エンジェルフェイス
△レッドアヴァンセ

今回の秋華賞のポイントはふたつだ。ひとつはローズSが重馬場だったこと。もうひとつはそのローズSを1番人気で制したシンハライトが離脱したことだ。
本命は桜花賞馬ジュエラー。ローズSは直線で伸びきれなかったが、500キロの大型馬で叩いてからだろう。いかにもステップレース向けの仕上げだった。
強敵は条件戦を連勝中のミエノサクシード。連勝中の52キロに対して今回の斤量55キロがどれだけ響くかが問題だが、前走は古馬相手に1番人気で楽勝しており、直線の切れ味もよかった。今回のメンバーなら優勝まで望める。
この時期の牝馬は輸送に弱く、関東馬は不利だ。中山の紫苑Sをステップにした馬が多いが、関西のコースでの実績がある馬を除いて苦しいと思う。人気のビッシュは小柄なだけに、輸送で消耗する恐れがある。紫苑S組では、16着だがステップレースらしく先行してバテてしまったエンジェルフェイス。重賞のフラワーカップ勝ちもあり、オークスでは3番人気に押されている。ジュエラーと同じく500キロの大型馬の叩き2戦目で、このレースで巻き返しがあっても不思議ではない。
ローズS組では、重馬場での展開が向いた上位着順の馬よりも、4番人気で8着に負けたが、京都コースが得意なレッドアヴァンセ

馬券は◎〇-◎〇▲△3連単(2、14-1、2、5、14)フォーメーション12点馬連(1、2、5、14)ボックス6点。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「永い言い訳」 | トップ | レース結果~秋華賞 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。