三無主義

 ~ディスパレートな日々~

映画「グッドモーニングショー」

2016年10月14日 | 映画・舞台・コンサート

映画「グッドモーニングショー」を観た。
http://good-morning-show.com/

濱田岳は若くて達者な役者だが、バイオレンスとは縁がない。予告編を観たときは学芸会かと思ってしまった。しかし本編を観て、これは濱田岳が適役だと納得した。この役がプロレスラーみたいなビジュアルの戦闘能力の高そうな人間だと、それはもう悪人になってしまう。この役はあくまで善人でなければならないのだ。他人から高圧的に命令されても理不尽に非難されても言い返せず、悶々として不満をため込む弱い人間。しかしもともとが善人だから悪にはなれない。見た目からして弱そうな役者が相応しい。

長澤まさみはエロくていいのだが、中途半端だ。もともと色気たっぷりの女優なのだから、スカートから脚を出すとか、唇をゆっくり舐めるとか、エロ全開の演出でやってほしかった。監督が遠慮したのか、女優自身が踏み切れなかったのか、全力の演技ではなかったように思う。香水シュッシュは意味不明で、まったく笑えなかった。

テレビ局内の主導権争いはそれなりだったが、特に観ていて楽しいわけではない。ジョディ・フォスター監督の「マネー・モンスター」と比較しては気の毒だが、主要人物の行動は、動機が弱すぎて説得力に欠けるきらいがあった。コメディだからそれでいいのかもしれないが、リアリティを追及していないのに、笑いにも振り切れていないところが残念だ。

主役の中井貴一は情報が入るたびに表情が変わり、行動も変わる。そのタイミングも台詞回しも絶妙で、さすがの貫録を見せていたと思う。この人の演技だけで作品がまとまったと言って過言ではない。テレビ業界でこれといった哲学もなく生き延びてきたお人よしのおじさんの悲哀が感じられる。人物に深みがないので同情は出来ないが、お疲れさんと声をかけてあげたくなる。
中井貴一を観る映画だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンサート「新宿 フォーク... | トップ | 映画「永い言い訳」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。