おやじ特別便

ひまじんおやじの日常

電動歯ブラシ

2017-03-07 19:33:59 | 日記

【今日の 迷った末】

新しもの好きなワシは、ずっと以前ブラウンの電動歯ブラシを買って使っていた。

これが調子よくて、遂に内臓の電池の充電機能が失われるまで使ったことがある。

数年前に再び「電動歯ブラシ使ってみようかなあ」と発奮し

定年後でお金の心配をせにゃならんので、一番安いナショナルのポケットドルツ

携帯式・乾電池式を買って歯を磨いていたが、ついにこうなった。

スイッチの防水式のゴムカバーが壊れてスイッチが入りにくくなった。

内臓が見えるところなどダースベイダーの頭の中身みたいになった。

しかも、替えブラシの固定用のボッチがすり減って、本体だけを持って使うとブラシが取れてしまう。

だからスイッチを押しながらブラシの先も動かぬように持って歯を磨いていた。

防水機能が失われたスイッチは、内部に水が入ってなかなか具合が悪い。

つまり寿命である。これぞ使い倒した、といった気分である。

さあ、次期戦闘機はどれがいいか。

ブラウン、パナソニック、オムロン、マルマン、サンスター、各種の電動歯ブラシがあって

それぞれのメーカーにピンキリで種類がある。

調べてみるとわけが分からなくなる。

そこで、価格ドットコムをググってみると、

これまた評価がさまざま、これがいいって言う人もあれば、ダメだって言う人もいる。

普通そうなんだけれども。

無数にある製品の中でも評価が高いのが、フィリップスのソニッケアー

これが良さそうだとは思うがなにせ一万6千円ほどする。高いものはね。

パナソニックでも3万円をオーバーするものもあるのだが・・これは例外。

そして店頭へ行けば値段がやはりピンキリで迷ってしまうのだ。

何で値段の差が大きいのかと調査すると、高額なのは各種のブラシがセットになっていたり

スイッチで磨き方が変えられたり、充電器が凝っていたり、旅行用のケースが付いていたりする。

つまり付加価値で儲けるというやつ、メーカーの匠の技が透けて見えてきた。

で、買ったのはこれ

PHILIPSのソニッケアー(やっぱり)、イージークリーンと言って

高額ぞろいのフィリップスの製品の中でも、いっちゃん安いものである。

いっちゃん安いとは言っても、いっちゃん高い製品と同じ基本性能(だとおもう)

金さえあれば、もすこし上位機種でもと思うが、定年おやじはこれで必要十分条件。

無接点充電器で長持ちしそうである。

使ってみれば今までのダースベイダーに比べて超強力。

あまりの微振動に、口がや舌ベラが震えて痒くなってくるほど。

これは使い続ければ慣れて痒くなくなるものである。

歯の隅々までみごとに汚れが落ちてくる実感がする。

こんなに強力だと歯磨きだけではもったいない

何かほかに洗浄するものが無いかどうか探そうかなあ。

台所のシンクの排水溝なんかどうだろう。

それは汚いかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒスイとカワセミの不思議な関係 | トップ |  リコー シータ で撮影し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。