おやじ特別便

ひまじんおやじの日常

面倒なパスワード

2017-06-15 15:31:59 | 日記

【今日の 役所仕事】

和風別館の屋根がそろそろくたびれてきた。

ワシんちの屋根は以前に言ったと思うが、クボタカラーベスト葺きである。つまり一般的に言うとスレート葺きか。

修理をするのなら早いうちにする方が良い。

ついでに、今はやりの太陽光発電施設を設置して、電気を大量に作ってガンガン金儲けをしようと考えた。

簡単に、電力会社に申請すれば良いと考えていたが、それは間違い。

ワシんちの屋根にワシの金で設置するのだから、電気工事店と電力会社ぐらいには届け出をすることは分かる。

でもこんな簡単なことでも、経済産業省資源エネルギー庁に許可の申請を出さねばならないのだそうだ。

別に国の金を頂戴な、と言っているわけでは無いのにさ。

県からは、少しばかりの補助を貰うので、県へ申請することはやぶさかでないけれども、なんで資源エネルギー庁なの?

調べてみると、生み出した電力を電力会社に売るのだから、そこに金のやり取りが発生する。その金を電力会社が国から補助として貰うのではないかいな。良く知らないけれどもさ。

だから国が介在するってわけ。

国が口を出すのだから提出書類は面倒極まりない。実印と印鑑証明書、家屋の登記簿謄本、共有名義だから連れ合いの印とかだよ。

しかも申請書は登記簿記載のとおりに一字一句間違えてはいけない、営業のアキちゃんも大変だ。

提出してからしばらくたった先日、ワシのところにその資源エネルギー庁からメールが来た。

「あなたが提出した書類は正しいか」と言う確認のメールである。

正しければ確認のボタンを押せ。

実印とそれを証明する印鑑証明書や登記簿謄本まで出させておいてこのありさまである。

なんともお役所仕事である。石橋を叩いて割る仕事である。

で、この確認ボタンを押すためには、お役所に申請IDとパスワードを決める必要がある。

なんでそうなの?

ここからが本文なのだが、このパスワードは4文字ではないのだ(普通4文字あたりでしょう)

パスワードの条件がいくつかあって

①12桁以上の英数字を混ぜること

②英字の内最低2文字は大文字の事

③特殊文字を混ぜること

その他(もう忘れたけど)4つほどの条件を示してあって、それが満足できない場合は資源エネルギー庁のコンピュータに入ることすらできない。

この確認ができないと書類を前にすすめる手続きをしないという。

だいたい特殊文字ってなんだ?

何で自分の申請書が本物か確認するために、こんなめんどっちい作業をしなけりゃならんのかいな。

だいたい、すべての家庭にPCが入っているわけでもないだろうし、ネットに接続している家庭がすべてか限らないだろうが。

終わってから連れ合いにぶつぶつ文句を言ったら(連れ合いにしかワシは文句を言えないのだ)

「その場合は手紙でやり取りするんじゃない?」

役所に肯定的な返事が返ってきたのでがっかりした。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メダカの赤ちゃん生まれたよ... | トップ | 新解さんがやって来た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。