おやじ特別便

ひまじんおやじの日常

放送局はなぜ学ばないか

2017-07-11 17:07:53 | 日記

【今日の 地震】

本日(7月11日)11時56分ごろ、鹿児島県南部で地震による強い揺れがあった。

震源地は鹿児島湾で震源の深さは約10km、地震の規模はマグニチュード換算で約5.2とされる。

最大の揺れは鹿児島県喜入町で震度5。津波の心配はない。

その後の関連するニュースを見たわけでは無いが、特に被害が出ているとも聞かない。

日本の家屋も丈夫になったものだと、地震が起こるたびに思うのである。(今日この頃です)

ところで地震の第一報は、下のように放送局内の状況が映し出されることになるが・・・・

ワシはこれを見る度に「なんじゃお前ら、人に説教するわりに、自分たちのオフィスの乱雑さには関心が無えのかよ」と憤怒する。

まったくその通りでありまして、ここ鹿児島放送局だけではありませぬ、日本中の放送局が地震対策をしてはいませぬ。

ワシの勤務していた川越し市は全く違う。

ある日職場に大学の先生という、好色そうな、髭を生やした中年がやってきて、

「ファイリング」とかいう、「ちょっと、そのネーミングはおかしいではないかい?」と思う作業をさせられた。

それまではNHK並みに、事務机の上と言わず、鉄庫の上と言わずそこかしこに書類が断層破砕帯を作っていたが、

このスケベ学者が「机の上は滑走路に」という掛け声とともに、保存すべき書類はすべて専門のロッカー(新規購入させられた、これについても疑惑がある)に入れ、不要と、その時に判断したものは、焼却処分したのであった。(強制的にさせられた)

この作業は、ナチスがユダヤ人を抹消しようと、アウシュビッツに送り込むような強制的なモノであった。

これで、このスケベ先生に恨みを抱くものが続出したのであった。「月夜の日ばっかりではないぜ」

良し悪しは別にして、それから10年以上、(かしら)今では職員も慣れて、心の底では「ワシらの職場はきれいな職場だなー」と思っている。

一年に数回職員の中から選出された、規律委員みたいなグループがチェックにやってくるのである。(ゲシュタポね)このため、普段でも職場が整理整頓されているってわけである。

これほどとは言わないが、放送局よ、常に災害には備えておくように、自分のオフィスをそういった観点から見直すように、お前ら恥ずかしいとは思わんか!!

それにしても汚い職場だこと、上にあげて再度見てみ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メダカの水槽の台を作る | トップ | 出雲そばの荒木屋 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
演出です (原の漁師)
2017-07-11 21:07:30
違うんですよ。
あれは地震が起きた時に派手に崩れて”いい映像”が撮れるように、ワザと机の上に盛ってあるんですよ。
意味のない吊り下げ式の看板も同じです。たぶん。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。