ひょうたん酒場のひとりごと

ひょうたん島独立国/島民のひとりごとをブログで。

もはや年末の様相

2016年10月11日 11時26分39秒 | 日記
長い湿った天気から解放され、ここ2、3日、やっと晴れ間が覗き、秋らしいそれになってきた。が、一方で、我が家には既に年末の様相が漂い出している。

10月に入ると同時に、女房が来年の玉カレンダーをヒャッキンから買ってきた。例年愛用している、スケジュールを書き込めるスタイルのものだが、今年使っている分より1回り大き目。使い勝手がよく、愛用者も多くて、出遅れると品切れになる心配があったのだという。

さらに、例年利用しているデパートの正月用お節料理を、同じ時期に申し込んでいる。9月末にはパンフレットが届き、申し込みの解禁日に実行に移す。こちらは数年前からネットでの申し込みが慣例となり、私の担当になっているのだ。いくら何でも早過ぎると思いつつも、万が一希望の品が切れたら、とこれは私の気が急いた。

まだある。これも恒例になっている年末、大フィルによる「第九」の演奏会。従来はいつものMさん主導で、仲間3人ぐらいと共に聴いてきたが、昨年からそのMさんがリタイアヤ。去年、私は女房と一緒だった。

しかし、Mさんの面倒見の良さは変わらず、これまた10月に入って早々、「今年も行きますか?お節介のようですが、友達によるとチケットの販売が早いそうですよ。特にいつも行ってる3000円のC席は…」と、自分は行かないけれど、と断りを入れながら、電話をしてきてくれたのだ。

これもまた、そんなことはあるまいと思いつつ、それでも念のためにネットで検索。するとどうだ。12月29日、30日両日とも残り枚数が僅かになっている!(無論、C席)。

慌てて2枚申し込み、そしてコンビニで女房が入手してきて、既に手許にある。

それ以外にも、2カ月に1度と決めている自治会の食事会が先般、9日の日曜日にあって、忘年会の日程が取り沙汰された。

すべからく、そんなに急ぐ必要はないのに、と思う一方で、どんどんその流れの中に身を置く。否、置かざるを得なくしてしまっている。独り、やきもきしているのだ。

あと2カ月半もあるのに、この時間は、どこか勿体ない。

(シャープ)ブンゴウ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巡り巡っての誕生日に | トップ | 何度目かの腰痛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。