兵庫県難聴者福祉協会のブログ

兵庫県難聴者福祉協会から情報をお伝えします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

20周年にむけて

2015年01月08日 | イベントのお知らせ

阪神・淡路大震災から20周年。
兵庫県では各地でさまざまイベントが開催されます。
ですが、その多くには要約筆記や手話通訳はついていません。
震災直後から、ろう協会、難聴者協会、盲ろう友の会は、
命を守る緊急時の情報保障や、
生きる意味を確立できるよう完全参加を訴えてきました。
震災後10年要望し、兵庫県立聴覚障害者情報センターができました。
それから10年、多くの活動を県内各地でしてきたはずです。
それでも、今、地震があれば、どのように情報を得られ、
安全な場所に避難できるのだろうかと、悩むのは20年前と変わりません。

20周年で多くのイベントが開催されても、
私たち聞こえにく聞こえない場合、
要約筆記や手話通訳がなければ、講演はおろか、その場での状況さえ
わからず、
「参加している」という実感は得られません。
こういったイベントを開催される方には、
通訳の重要性をお伝えし
「通訳をつけることが
イベント開催の基本」と
認識していただくこと、
また、
こういったイベントには県から通訳派遣料の助成金をだすなどの
仕組みづくりを働きかけていくことが必要です。

文責/バリアフリー部長

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪神・淡路大震災から20周... | トップ | 2月1日 災害と障害者のつ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む