ゆめ未来     

わいわいがやがや、日常生活のあれやこれや、そして株式投資の話
年金生活の毎日を楽しく、しあわせに過ごします......

30日、大納会の日経平均株価の終値!

2017-01-03 12:37:51 | ゆめ未来


 12月30日
 日経平均 1万9114.37円(-30.77円)
 TOPIX 1518.61(+0.22)
 出来高 16億6786万株
 長期金利(新発10年国債) 0.040%(+0.005)
 1ドル=117.10円(0.74円安)


 12月26日  1万9396円  14億4186万株 1兆6302億円
 12月27日  1万9403円  17億4965万株 1兆8354億円
 12月28日  1万9401円  13億1143万株 1兆5591億円
 12月29日  1万9145円  22億4914万株 2兆0796億円
 12月30日  1万9114円  16億6786万株 1兆7125億円

■ 30日の大納会は
大納会の日経平均株価の終値は、前日比30円77銭安の1万9114円37銭となった。
前年末終値に比べ80円66銭(0.4%)高と、5年連続の上昇で1年の締めくくりとなった。
5年連続の上昇はバブル後では最長で、1978~89年に12年続いて以来となる。
年末の株価としては96年以来20年ぶりの高さだ。
東証1部の時価総額は前年比で約11兆円減ったが、560兆円強と過去3番目の高水準だった。


----------------------------------------------------
     朝日新聞 2016.12.31
     大納会 終値5年連続上昇
     バブル崩壊後 最長

----------------------------------------------------



株価の年末の終値が、バブル崩壊後で最長となる5年連続の上昇となった。
東京証券取引所で30日、年内最後の取引と締めくくりの大納会があった。
日経平均株価の終値は1万9114円37銭で、昨年末の終値を上回り、20年ぶりの高値をつけた。

今年は申年で、株式相場の「申酉騒ぐ」の格言どおり荒れ模様だった。
中国経済の減速懸念に始まり、英国の欧州連合(EU)離脱決定も続いて株価は大幅に下落。
日経平均は1万5000円を下回った。
その後、日本銀行が上場投資信託(ETF)買い入れ増額で株価を下支えし、米大統領選後は経済政策への期待から「トランプ相場」で盛り返した。

為替は、年初は1ドル=120円ほどで推移していたが、低リスクとされる円買いが進行し、英EU離脱決定の6月には1ドル=99円と円高に振れた。
年末に向けては米景気拡大への期待からドル買いが加速し、30日午後5時時点では1ドル=117円10~12銭と、年初の水準に近づいた。


  中国は12.3%下落



中国の株式市場は30日、代表的な上海総合株価指数が3103.64ポイントで今年の取引を終えた。
2015年末比で12.3%の下落。
下落率は11年以来の高さで世界の主要市場で最大だった。

年初に経済の減速懸念が高まり、株価変動を制限する「サーキットブレーカ」がかえって市場の動揺を引き起こし大きく下落。
その後は上昇基調だったが、完全には取り戻せなかった。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年お正月、娘にプレゼン... | トップ | 2017年 お正月 楽しく過ご... »

コメントを投稿

ゆめ未来」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL