おしなべて 恋文  

しきなべて 孤悲文・・
特別な あなたへの手紙です    
    


卒業証書

2017-06-09 16:52:09 | 本性をチラリ

 

     昨年の6月に 源氏物語の第一部 つまり

     桐壷から 藤裏葉を終了いたしました

     それは 吉永源氏の 素晴らしい 濃密な19年間で

     ございました

 

     小ぶりな 古い巻物が棚に 飾ってございます

     エイリアン ふと 閃めきました

     ここに 国文学者 吉永哲郎氏に 第一部の 修了の

     花押を したためて戴けたら ・・・

 

     いづれの おんとき・・から 始まる

     ( 散らし書きの 巻物の 修了証は・・・

      エイリアンの オリジナルであります )

 

     そして 二つと無い この 巻物こそ・・・

     紛れもない エイリアンの分身なので ございます 

     

 

     こころ用意とは

     自分が去った後の 残り香のこと

 

     エイリアンの面影が 立ち上る・・

 

     ( 満月の夜の なせる ・・・

     ・・・ことの次第でございます )

 

   

     

 

     

 

     

 

           

 

       

 

     

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正直に 生きる | トップ | 野生の証明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本性をチラリ」カテゴリの最新記事