おしなべて 恋文  

しきなべて 孤悲文・・・・とも

特別な あなたへの文 (手紙)です    
    


風流とは

2017-06-20 10:20:34 | 本性をチラリ

 

     家のはす前に 鰻屋があった

      老舗であった

      店を 閉じて 2年になる

      その 鰻屋で貰った 団扇は とりわけ 風が滑らかであった

 

      30年くらい前のものだろう

      汚れが 目立つ 

      気になる

      水に漬け その 貼ってある 紙を 剥ごうと試みたが

      合成樹脂の糊らしくて 剥げないのだ

 

      仕方がないので その上から

      和紙に描いた 俳画を 貼ることにした

 

      表面には 雨の 紫陽花図

      裏面には 狐の嫁入り図

 

      手に取ると ズシリ重みを 感じる

      風が 微風になったようだ

 

      紫陽花の図に 白抜きの う な ぎ という文字が

      透けて 見える

      その上に 筆字の俳句を載せた

      これで いい 

 

      6分の竹を42本?に裂いてある 団扇は

      今 美しく  蘇った 

 

      

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人やりなりぬ とは やり場... | トップ | 新ショウガの甘酢漬け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む