美への追求

デザイナーと雑誌ライターとネイリスト。
好きなことを形に…をモットーに
いろいろ挑戦してみたりしています。

ネイルデダンスのキューティクルプッシャー

2015-12-31 | ネイル(JNA検定情報も)

もう31日ですね( ̄◇ ̄;)!!

今年は本当早かったなーと(毎年言ってるけど)思いながら、
でも今年は本当にいろんなことに挑戦できた一年
だったな…と、しみじみ振り返っております


特に今までとは違った方面の雑誌制作や、
会社の経営方針手帳の制作(200ページ近い大作…苦笑)
そして司会のお仕事など、
新しすぎる物が多くて、すごく勉強になりました。


そして、来年はもっと勉強していかねば、
と思っているここ最近です



さてさて。
そんな中ではありますが、年末最後の記事はこちら!
ネイルデダンスのキューティクルプッシャー

ということでマジメにネイルネタで
行ってみたいと思います。
(前日にお尻ネタやっといて、何言ってんだ?な感じですが) 



ちなみに皆さん。
キューティクルプッシャーってこだわりありました?

。。

私は恥ずかしながら、
ほぼ全くこのアイテムを重要視していませんでした

むしろキューティクルケアは
「ニッパーは高くて良い物で、プッシャーは上げれればよし!」
ぐらいに思っていました。


もう今となってはこの考えに、
反省もいいところなんですが。。


で、何で急にこのアイテムにフィーチャーしたいと思ったかというと
先月、NAIL TIMES vol.4

の取材で、NSJの伊藤先生の元に行って参りまして

その企画のタイトルは
「キューティクルプッシャー最新マニュアル」


5ページにわたり、
徹底的にキューティクルプッシャーを調べつくしていく!
という内容なんです


その取材でもう、半端じゃない目からウロコ感でした。

なんせ、ネイルの2級のときは
雑誌や当時あったビデオなどを見ながら、
ほぼ独学で受けてしまった私。
(当時はyoutubeなどで見ることもできない時代だったので…)

キューティクルラインの本当に美しい作り方
プッシャーの本当に正しい当て方

どこまでプッシュアップルするのが正解なのか…なんて
正直細かい部分を、全然理解しきれていなかったんです

なので、先生の動きから伝わってくる
「本当のプッシュアップ」には、
感動して震えが来るほどでした……


ということで、
その内容をここで紹介したいところなのですが
雑誌のネタバレになってしまうので
今日はそのプッシュアップの方法ではなく
伊藤先生がオススメしてくださった、プッシャー。

ネイルデダンスのキューティクルプッシャーについて
雑誌では書けなかった細かい良さを
書いていきたいと思いますー


ちなみにこのプッシャー。
定価ですと、なんと9,800円もします

今まで1,000円~2,000円のプッシャーでいいか、、
と思っていた私にとってはかなりの高級品です

でもね…確かに違うんです

先生が、工場の製作者の方に直接施術をして
「プッシャーに必要な物は何か」を
伝えて制作したというだけあって、
使いやすさが抜群なんです

ということでまず形状から


プッシャーには珍しく、ケースにきちんと入っています

しかもフェルトのようなスウェードのような
なんとも言えない素敵な感触のケース

これだけでも、きちんと扱わなきゃ…な気持ちになります(苦笑)。

そして先端


ビシィッと金具の光が出るほど
まっすぐに整った薄いプッシャー部分なので
キューティクルサイズに関係なく、きちっとプッシュアップできます。

ちなみに私が今使用している、他の物と比べるとこんな感じ

一番左がネイルデダンス。
真ん中が今までメインで使用していた爪匠。
一番右がビューティーネイラーの商品です。


価格が全く違うというのもありますが、並べたときの
フォルムのキレイさは群を抜いていました。

そしてキューティクルの掻き出しに使われる「スクレーパー」部分。

実はここ、今まではニッパーに持ち変えてしまうことが多くて
あまり使用していなかったんですが
このキューティクルプッシャーにしてからは
ジェル前のケアでは、これの方がスピード効率が良く
かなり頻繁に使用するようになりました

ちなみに形状はこんな感じ


ストレートタイプなので、右利きでも左利きでも使いやすくなってます。
(伊藤先生が左利き…ということもあって、考えてくださっているのがいいですよね

そして横から



もうニッパー顔負けの鋭さです

キューティクルクリームでふやかした後は、扱いに気をつけないと
スクレーパーで表面を傷つけちゃうことがあるほどです。

さらにサイズも大きすぎず、小さすぎず…なので、
小指でも、角度を変えていけばキチッと掻き出しができます


私自身も、今回いろいろな商品を検証し
エキスポで各商品を試して…としたんですが、
「あまりの使いやすさに、これしかない!」
(高かったけど)思い切って購入してしまいました……


あ、ちなみに「NAIL TIMES vol.4」ではP69~P73
技術や扱いについて詳しく紹介しているので
よかったらそちらも合わせて、見てもらえたら嬉しいです
(宣伝ぽくてすいません…立ち読みでもいいので、かなりしっかりまとめたので見てもらえたら嬉しいです)

 

ということで、今回の企画で
キューティクルニッパーの凄さを再認識しただけに
興奮してつい長々と書いてしまいました

基本アイテムオタクなので、一回語り出すと
どうも止まらなくなってしまうのですが…

ら、来年もまた懲りずに読んでいただけたら嬉しいです


それでは皆様、今年も一年ありがとうございました!
来年も何卒よろしくお願いいたします

ではよいお年を~


【応援】もっと語りたいけど、引かれそうで怖い    

ジャンル:
ネイルアート
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お尻専用カイロ「おしりのほ... | トップ | 乾燥肌ケアアイテム使い比べ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。