美への追求

デザイナーと雑誌ライターとネイリスト。
好きなことを形に…をモットーに
いろいろ挑戦してみたりしています。

韓国人向け(?)マッサージ店のお話

2010-06-18 | 海外美容
今日はものすっごい情報が少ない…
けど、安かった韓国のマッサージ店のお話をしたいと思います

まずこの店の名前は

컨디션 아사지 삼




すいません、思いっきりハングルです
というか携帯で見ている方は、もしかしたら文字化けしてるかもしれません

一応日本語で、何ていうのかな…?と思って、
yahoo翻訳に託したところ

コンディション麻路三
と、謎の変換結果が返ってきてしまいました

前半は、「コンディション」と、なんとなく意味が分かる感じがしますが…

「麻路三」って何なんだろう…

まぁいいか

で、何で今回こんな情報の少ないマッサージのお店に行ったかというと…
いや、何やかんやで韓国旅行も4回目な訳じゃないですか。

いつもだったら、ソウルナビとかで
クチコミが高くてクーポンが使える安い店を予約していくんですが、
まぁちょっとだけ調子に乗って、

現地独特のお店に行ってみたい
なーんて思っちゃったわけですよ。

という訳で、明洞の街をウロウロし、
目に付いた何か怪しい看板のあるお店に行ってみることにしたわけです。


最低の価格・最高の満足をさし、あげます

…韓国の看板にありがちな「、」の位置がおかしいのはともかくとして
何だろう、この不安定な感じは…
しかも施術時間が書いてないから、正直安いのかどうかも分かんないし

ちなみに場所は明洞のこの辺


ごめんなさい、アバウトで

明洞にある、恭喜面館 本店の2つほど右隣に
細ーい階段があって、そこを上ったところの3階にあります。

ちなみに2階はビビンパのお店でしたが、
思いっきり閑散としていて、何だか夜逃げ的な感じでした。

まぁその時点で結構不安な気持ちいっぱいではあるんですが…

でもやってみたい。
でも行ってみたい。

とりあえず目に付いちゃったってことで、これは試しだと、3階へ。

そうすると、階段を上がった右手にそのマッサージのお店があり、
中は思った以上にこじんまりとしていました。

そして受付にはほとんど日本語の通じない、男性店員。
で、その横には若干の日本語が通じる女性店員。

更にメニューはというとほぼ完全ハングル((((;゜Д゜)))

一応片言同士で話していくと、下の看板に書いてあった
上半身+足マッサージが、どうやら55分で30000ウォン(日本円で約2400円)とのこと。

まぁそれだけでも結構安いんだけどせっかくなので
ここで、何かあったらすぐに使う(苦笑)
「カッカジュセヨ(おまけしてください)」パワーで、
28000ウォン(日本円で約2240円)にまけてもらい、早速施術に入りました


施術内容は、まず足湯に入り、その後施術台へ移動。

そしてそこからは、首、肩、腰、足、足裏まで
そりゃあもうがっっつりやってくれる


し か し

痛 い 。


すごい。がっっつりと言うか
今までこんな劇的な強さで施術されたこと無いんですけど…

しかも、ほとんど日本語が通じないこのお店、

「ちょっと弱めにしてください」

というのが、果たして伝わるのか…?
どうなんだ…?

でも痛いのは、場所によるっちゃあよるし
ちょっとくらい我慢する…?と、変に気弱になってしまい、
痛みの中、「弱めるって韓国語って何て言うんだろう…」とか悶々と考えながら、
結局は我慢してしまいました。。

あぁ…駄目だなぁ
まだまだ調子にのっちゃ駄目みたいだわ

ていうか、この施術のお姉さん、はっきり言って
施術始まってからずーーっと隣の施術者の人としゃべりっぱなしなんだけど
それなのに、この恐ろしい力はどこから出て来るんだか

しかも足の方やるときとか、自分が動くんじゃなくて


ガッッ!!
と、私が寝ているベットを動かすような勢いだし

いやぁ、本場(?)のマッサージはいろんな意味ですごいわ

とまぁこんな感じで、55分間韓国語でしゃべり通した彼女による、
ものすっごい強気なマッサージは終了しました

はーーー
何かいろんな意味で、身体がぐったりしちゃったかも…

と、ちょっぴり複雑な気分ではありましたが、
まぁ価格もかなり最低の価格破格値だったし

若干のぐったりではあったけど、
次の日はあんなに尋常じゃなく買い物しまくった翌日だとゆーのに
肩こりも首痛もなくスッキリ朝を迎えたし
足もがっつり揉んでもらったからむくみも痛みもなかったし…

意外とやるな、麻路三

と、言うことで、次回は「もうちょっと弱めにしてください」的な
韓国語を覚えてからもう一度リベンジしたいと思います

ま、そんな感じで今回の韓国話は終了ですー。
それにしても、本当韓国は楽しいわ~
ってことで、また行ったときには(ビビりつつだけど)他も散策してみようかな

ではそんな感じで、次回はまた何かしら普通(?)の美容話に戻りますー

→とりあえず「少し痛いです」は「チョムアッパヨ」だったらしいです(調べてみた)←

参考:컨디션 아사지 삼(コンディション麻路三?)
서울시 중구 충무로1가 22-13(ソウル市中区忠武路1街22-13)
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新村火汗蒸幕 | トップ | プラチナ電子ローラー ReFa(... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
画像から (Unknown)
2010-06-18 23:55:20
最初の文字は「칸」ではなく「컨」ですね。
コンディションです。
Unknownさんへ (さとみ)
2010-06-21 17:15:58
本当ですね!!
よく見たら、私の方が間違ってましたね。。
ご指摘ありがとうございます

記事の方直しますー!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。