〓★猫舌番外地★〓

主に自分用の備忘録=【私が気になること】だけを記録しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ユノ:9/9『宮』関連記事

2010年09月10日 11時43分09秒 | 東方☆見聞録


ユノ:『宮』応援に、ファンサイトからお米3トンの寄付!に記事を追加しました!



nocutnews記事

(翻訳機にかけた訳文です)

[レビュー]東方神起ユノ・ユンホのコンサート・ファンミーティング…ミュージカル『宮』
漫画原作ベース、舞台の再現惜しむ
アイドルグループ東方神起のメンバー、ユノ・ユンホ(チョン・ユンホ)出演で話題を集めたミュージカル『宮』は、期待どおりにユノ・ユンホのための舞台であった。
9日龍山(ヨンサン)国立中央博物館、劇場『龍』で開かれたミュージカル『宮』に初出演をしたユノ・ユンホは、日本女性ファンが客席を埋め尽くした中で独壇場を繰り広げた。
ダンスと歌、他の俳優達との呼吸を合わせるアンサンブルや群舞が印象的な他のミュージカルとは違って、ファンのためのサプライズ演技が入ったコンサートの印象をプレゼントした。
もちろん公演時間中ずっと、ファンのための日本語字幕も提供された。
堅苦しい宮生活で気難しい性格を持つようになった皇太子のキャラクターは、多くの台詞を必要としなかった。
素敵なポーズで語る独自の口調と、身振り手振りだけで、女性の観客をしなやかにするには充分だった。
その意味で、ユノ・ユンホは皇太子イ・シン役にぴったりと合致した。
床に頭を当てて回るヘッドスピンを駆使して、王室の威信を落として非難を受けるという設定は、持って生まれたダンサーのユノ・ユンホだけができる演技だ。
少年少女の家助け合いダンスパーティーで、ダンスの実力を披露する場面、お転婆な平民出身の女子高生チェギョンと政略結婚して、夫婦の情交と真の愛を知っていくユノ・ユンホの可愛らしい演技には、客席から歓声が炸裂した。
漫画が原作でドラマに続きミュージカルとして誕生した『宮』は、舞台芸術として再現するために努力した跡が伺える。
漫画の吹き出しが出てくるスクリーン背景を活用した舞台、金融業者らのコミカルなダンスなどは、細々とした楽しみを与えるための演出だ。
だが、このような場面は劇の全体的な内容とは関連なく、不明瞭に流れる印象を与えた。
固定的な姿ではなく、ミュージカルに『オールイン』して、たっぷり汗を流して劇を導いていく主人公ユノ・ユンホを期待した観客ならば惜しい公演だ。
皇太子イ・シン役は、ミュージカル俳優キム・ドンホと歌手出身ランのトリプルキャスト。



連合ニュース記事

(翻訳機にかけた訳文です)

[公演レビュー]可愛いが散漫なミュージカル『宮』
(連合ニュース)シン・ユリ映画記者
漫画に出てくるような可愛い吹き出しが舞台の上に漂って、「概略 苦しい思い」のような字幕もさっさと飛び回る。
ミュージカル『宮』は、漫画を原作にした公演らしく10代好みの溌刺とした想像力と可愛らしい笑いをあちこちに布陣させた。
だが散漫なストーリー展開と舞台演出のために、起承転結が効果的に表れず、観客は劇中に没頭するために、多少の困難を経験しなければならなかった。
初めてミュージカルに挑戦したアイドル トップスターのユノ・ユンホは、文字通り「漫画から抜け出てきた」ようなまぶしいビジュアルと華麗なダンスの腕前を見せてくれたが、基本的な発声や動線の処理には物足りなさを残した。
去る8日、国立中央博物館・劇場『龍』で開幕した『宮』は、ドラマ製作会社のグループエイトが約20億ウォンをかけて野心的に発表した最初のミュージカル。
現在まで朝鮮時代のように立憲君主制が維持されているという設定から出発し、気難しい性格の皇太子イ・シンと、明朗快活な女子高生チェギョンが、なんだかんだと恋や喧嘩をしながら結婚にゴールインするというストーリーだ。
鑑賞のポイントは、ミュージカルに先立ち2006年のドラマに出てきた『宮』のように可愛い面白味だ。
実際、『ソニョペンの皇太子』のユノ・ユンホが、「私に荒々しく対する女はお前が初めてだよ」のように、歯の浮くような台詞を言う時も客席では歓声が上がったし、上着を脱いで激烈なブレイクダンスを披露すると、瞬く間に会場はファンミーティングの現場に変わってしまった。
チェギョン役のシン・ウイジョンと皇太子のライバル『ユル』役のイ・チャンヒは、ミュージカル俳優らしく無難な演技をし、舞台の上に繰り広げられたカラフルな皇室の内部と宮中衣装も見どころとなっている。
特に吹き出しの形の映像を浮かべたり、「概略 苦しい思い(苦しい境遇に置かれたことを表現する一種の感歎詞)」のようなインターネットの流行語を字幕で掲示する漫画的技法も細々とし、楽しみを与えた。
だが散漫なストーリー展開と舞台演出は劇に没頭するのに邪魔になった。
24回分のドラマとして放送された原作を2時間余りのミュージカルに圧縮する過程で、起承転結が明確に表れず、多様なエピソードだけを羅列したような印象を与えた。
劇中、高等学校のチャリティーイベントが、突然セクシーダンスの踊り場になったり、幕間劇でブレイクダンス・バトルが長時間繰り広げられるなど無駄も多かった。
開幕前から、自身の出演分全席を完売させたユノ・ユンホは、アイドルスターらしく華麗なビジュアルと巧みなダンスの腕前を披露したが、基本的な発声や視線、動線の処理は多少ぎこちなかった。
9日の彼の最初の公演を見に東京から飛んできたという30代の日本人女性は、流暢な韓国語で「ユノを直接見て、とても良かった」としながらも、「東方神起のコンサートも見たし、ユノが出演したドラマもインターネットで見たが、このミュージカルでは、俳優たちが歌とダンスをもっと上手くやらなければならないようだ」と話した。



Innolife.net記事

成功的企画キャスティング、ユンホの『宮』
TVドラマで、『地面にヘディング』のグループ東方神起のユンホ(24)が徐々に演技の味を出してきた。
ユンホは、昨年出演したMBC TV水木ドラマ『地面にヘディング』で苦い思いを味わった。
放送前は期待を一身に受けたが視聴率は3~4%台で終った。
特にユンホはとても硬いという指摘を最も多く受けた。
東方神起のリーダーとして、いつも正しく行動しようとした模範生の気質がにじみ出た。
ユンホがミュージカルデビュー作として選択した『宮』は、このようなユンホの堅い魅力をむしろうまく生かした作品である。
ユンホが演じる王子“イ・シン”は、冷徹で荒いキャラクターだ。
常に厳しい姿勢で一貫している。
ユンホが意図してもしなくても彼の性質が自然に溶け込んでいる。
ドラマ『宮』の“イ・シン”'役のタレントのチュ・ジフン(28)と同じ効果を得た。
大韓民国が立憲君主国と呼ばれる独特のファンタジー設定の同名の漫画が原作なだけに演技がぎこちなく誇張されても、まるで漫画のひとコマのような感じがする。
悪い男イ・シンの「疲れた」の一言で狂風が吹いて、周りの人々が倒れるなどのミュージカル自体もあちこちで漫画的な想像力を積極的に配置している。
しかし、最も実力のあるアイドルグループとして評価を受ける東方神起ユンホのパフォーマンスをたくさん見られないという点は残念だ。
ユンホがシン・チェギョンと自分のライバルであるイ・ユル(イ・チャンヒ)との間を誤解して感情を爆発させる部分もかなりいける。
最初から最後まで不自然だった以前の姿は見えない。
ただし舞台デビューした歌手やタレントたちが、はじめいつも指摘されることだが、平凡なせりふの発音が不安な点は玉に傷である。
作品は、起承転結が明確で、単純なことが長所である。
イ・シンとシン・チェギョンが徐々に愛に落ちて王子の座をめぐり繰り広げる暗闘が終結するプロセスは、漫画やドラマを見ていない観客にも容易に理解できるよう作られている。
しかし、イ・シンとシン・チェギョンが一緒に歌う『愛なのか』を除いて、耳にサッと入ってくるミュージカルナンバーがないのは残念だ。
一方、ユンホがステージに上がったの9日、『宮』の公演の観客は95%以上が女性だった。特に、日本からのユンホを見に来た観光客が多かった。
これらは、ユンホの映像が写っただけでも歓声をあげた。
『宮』は、ソウルの国立中央博物館劇場ヨンで8日開幕した。10月24日までつづく。



SportsChosun.com記事

(翻訳機にかけた訳文です)

東方神起ユノ・ユンホ、ミュージカル俳優の成功デビュー
東方神起ユノ・ユンホが、ミュージカル俳優として成功的なデビューを飾った。
ユノ・ユンホは去る8日ソウル、龍山(ヨンサン)国立中央博物館劇場で初演を開始した『ミュージカル-宮』を通じて、皇太子イ・シン役で舞台デビューを披露して、創作ミュージカルの神話創造のための第一歩を踏み出した。
観客でぎっしり埋まった客席は、1幕の親ヨウンリェ場面で厳粛な雰囲気が続きながらも、2幕のダンスバトルシーンと同じスピーディーな展開では、観客たちが少しの間も目を離すことができない光景が続いた。
ここで派手なLEDを利用した感覚的映像の挿入は、劇の理解度を助けて国内だけでなく、海外からの多くの観客たちの歓呼を引き出した。
この日、真正性のある演技と華麗なダンスの腕前を披露して初舞台を終えたユノ・ユンホに対して、演出を引き受けたキム・ジェソン監督は「(ユノ・ユンホは)ほとんど4月の時間の間、アイドルというタイトルを脱いで、『ミュージカル-宮』の俳優として誰にも負けない程懸命に取り組んできた。ミュージカル俳優としてはまだ新人で、初主演だが振りつけは勿論のこと、新人らしからぬ演技力が良かった。特に舞台を圧倒するカリスマ性は非常に良かった。初舞台でのデビューを成功的に終えただけに、今後も『ミュージカル-宮』を通じて多くの成長が期待される俳優だ」として、初公演を終えたユノ・ユンホに対する無限の愛情を隠さなかった。
製作会社グループエイトのソン・ビョンジュン代表は、「『ミュージカル-宮』は国内コンテンツで製作される創作ミュージカルで、現在の海外公演などに対する活発な協議が成し遂げられている。海外進出に先立ち、国内の観客の関心と愛こそが、韓国ミュージカルの底力を海外に知らせることができる最も大きい起爆剤になるだろう」として、多くの期待と関心を呼びかけている。
『ミュージカル-宮』は、皇太子イ・シン役にユノ・ユンホ、キム・ドンホ、ラン、その他にもおてんば女子高生チェギョン役にクァク・ソニョンとシンウイジョン、皇帝を夢見るユル役にイ・チャンヒとチョン・ドンファ、皇太子の前ガールフレンドのミン・ヒョリ役はチェ・スジン、ソ・ヒョンジンなど、アイドルからミュージカルスターまで多様な俳優を投入して、創作ミュージカルの華やかな成功神話を生み出すことと業界の注目を浴びている。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユノ:9/9『宮』カーテンコール | トップ | ホミン:9/10上海へ出発 »
最近の画像もっと見る