ぶるーすのつぶやき

横浜FC、ハワイ・横浜のことや身近な出来事などを不定期に書きます。

第16節 VS 名古屋戦プレビュー

2017-05-26 | 横浜FC

 名古屋の楢崎正剛は我々にとって特別な選手である。彼と対戦し、雄姿を見ることは夢のようなことだ。そして、この名古屋がJ1への昇格争いのライバル的な存在になるとは感慨深い。しかし、今の横浜はこれまでの歴史があるのだから、個人的な感情移入はできる限り避けたいところだ。横浜というチームが名古屋に勝てるような精一杯の応援をしたい。

 名古屋はJ1昇格の大本命と見られている。名古屋は前への推進力と分厚い攻撃があるものの、新体制から現在までの準備期間が足りなくてバランスに欠けたゲームが見受けられる。

 今季の名古屋のデータを見ると、得点がサイド攻撃とセットプレーに多く中央から崩したフィニッシュが少ない。クロスボールからの得点が8ということは、サイドプレイヤーの和泉、宮原、内田、玉田らの貢献度が高いと考えられる。前節出場停止だったワシントンがスタメンで出場する可能性があるが、イエローを貰う機会が多いようだ。負傷欠場中だった注目の永井龍は練習に参加しておりベンチ入りの可能性がある。チーム全体として攻撃のテンポが上がり、離脱していた選手が戻ってきたところを見ると、少しずつ積み上げ式の戦力アップが図られている感じがする。

 横浜はこの名古屋相手に勝利するにはサイドの攻防で負けないことが重要である。とりわけ、最近は新井の右サイドあたりから失点することが増えており、3バックで挑むか4バックでブロックを作るかの守り方で展開が変わるかもしれない。シモビッチの高さと当たりの強さは驚異だが、サイドからチャンスを作らせなければ危険な場面を減らせるので攻守のバランスの取り方がポイントになる。

 横浜としては名古屋にサイドを崩され、名古屋の2列目と3列目が積極的に突いてくるバイタルエリアへの対応ができれば、名古屋が前掛かりになったときのカウンターがやりやすくなる。
 私としては横浜が4-4-2のシステムにして、トップはイバ-野村、右サイドをチュングンという布陣を見たい。新井とチュングンが名古屋の和泉と内田に対してRun & Gunで挑み、右サイドを主体にして勝負しても良い気がする。ボール奪取後のスピーディーなランニングを駆使しながらスペースを突ければビッグチャンスが作れるはずだ。逆に横浜が3バックになると、ポゼッション率の高い名古屋に対して5バック気味になり、サイドからチャンスを作られてしまう可能性が高い。横浜が4-4-2で守備的かつサイドの攻防で互角に戦えれば、名古屋のDF陣は不安定なので、イバと野村による良い形でのフィニッシュが期待できるだろう。横浜佐藤と名古屋田口の同ポジション対決も見どころになる。また、中田監督が採用する「布陣」と「戦術」も興味深い。

 今節のポイントは、「攻守のバランスの取り方」「サイドの攻防」「両監督の采配」になると考える。

 チケットが取れれば生観戦する予定です。そのときは現地からつぶやきたいと思います。

ジャンル:
サッカー
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜DeNAベイスターズ筒香の... | トップ | 名古屋戦三ツ沢で観戦します »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぶるーすさんへ (katudonn)
2017-05-27 12:47:39
今日の試合勝利したらいいですね
もうそろそろ出勤する。
かつ丼さんへ (ぶるーす)
2017-05-27 16:54:54
お疲れさまです。
今日は絶対に勝ちたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL