ぶるーすのつぶやき

横浜FC、ハワイ・横浜のことや身近な出来事などを不定期に書きます。

【第13節】VS 水戸戦

2017-05-15 | 横浜FC

 横浜は永田が出場せず、永田の左サイドに小宮山が入り、右サイドにはルーキーの新井が先発出場となった。

 ゲームは雨によるピッチコンディションの影響でスムーズなボールの繋がりが少なく、水戸によるイバ、中里、佐藤への対策があり、攻撃のポイントを止められてしまった。この結果、フィニッシュのチャンスが少なかった。中里と佐藤へのフォローを野村がするような展開になり、チュングンのスペースも埋められてしまった感じがした。少ないチャンスをいかに決めるかになるが、ほとんどチャンスらしいチャンスは無いゲームとなってしまった。

 両チームとも守備の出来が良く戦前の予想通り難しいゲームになった。スイーパー的なポジションに配置されたカルフィンの奮闘が目立ち、最近からだが、3バックの中央がボールに対して刈っていく守備スタイルが顕著になった。これに両脇のCB(西河、田所)と中里がカバーリングするJリーグでは興味深い守備戦術を見せてくれた。カルフィンの個人能力を生かすスタイルが浸透しつつある。田所の運動量とクロスを使った攻撃を生かせていないと見えたので、3バックなら田所のところは渡邉か楠元を入れても良いと思った。

 今節の横浜は、永田を休ませることができたのは悪くない(怪我で無ければ良いのだが...)、チュングンは消耗している感じがしたので、HTで代えても良かったかもしれない。
 津田-大久保のツートップも得点が期待できそうな気がするので、次節の讃岐戦からどんな起用方法になるのかを注目したい。毎試合出場しているイバを休ませること、佐藤-中里のボランチの代わりに誰が入るかも興味深い。システムを途中から4バックに切り替えてもいいと思ったが、大きな変更は無かった。4バックについては、中田監督がリーグ後半戦に向けて隠していると勝手に妄想する。

 湘南が勝利したため、横浜は首位陥落となった。特に問題になると考えていないが、次節は讃岐に勝利して風向きを良くしたい。まだまだ、J1昇格に向けた長い旅が続くだろう。

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第13節 VS 水戸戦プレビュー | トップ | 第14節 VS 讃岐戦プレビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL