東大和市立第八小学校ブログ

学校の日々の様子をお伝えします。  (本ブログ内にある広告は、本校や本校の教育活動には関係ありません)

登校直後の避難訓練(12月8日)

2016年12月08日 09時36分33秒 | 学校の様子
毎月の避難訓練を行いました。
今回は、登校直後の8時25分に地震が発生、その後職員室から出火という想定です。


子供たちは、教室で準備中、登校途中、校舎内で活動中と様々な状態から避難開始をします。
今回も、教員が大声を出すことなく、整然と避難、集合できました。


学校にいる時間は1日の1/3(8時間)だけ。2/3の時間は、学校での避難訓練を応用して、家族や地域の方々の助けをも求めるなど、自分で判断し行動しなければなりません。


※本ブログ内にある広告等は、本校や本校の教育活動とは一切関係ありません。

この記事をはてなブックマークに追加

夢・未来プロジェクト「6年生 パラリンピアンとの交流」(12月6日)

2016年12月06日 11時03分43秒 | 学校の様子


東京都教育委員会による「夢・未来プロジェクト」を6年生を対象に行いました。
リオデジャネイロパラリンピック陸上競技に日本代表として出場した、高田千晶選手が八小に来てくださいました。


高田選手は、視覚障がいの部の100m走、走り幅跳びに出場し、100m走では残念ながら予選落ちでしたが,走り幅跳びでは、4m45cm(日本記録更新)で8位入賞したアスリートです。


共に競技に取り組んでいるガイドの大森盛一選手のリードでお話を聞きました。大森選手は、バルセロナ、アトランタ五輪「4×400mリレー」に出場し、アトランタ五輪では、3分0秒76の日本記録で5位入賞したアスリートです。

パラリンピックまでの道のりや目が見えない生活についてお話ししてくれました。


講演後、校庭で体験をしました。


高田選手と一緒にジョギング。


準備体操。


一人がアイマスクをして、ガイド役の子と『きずな』(二人を結ぶリード)で結ばれて、歩きます。
ガイドが声をかけ、選手と鏡のように動くことがポイントです。


軽くジョギング。ガイドの工夫と声かけで安心して走れるようになるようです。


慎重に走る子、スピードアップに挑戦する子・・・楽しく体験できました。


代表の子がお礼の挨拶。
高田選手から「目の見えない人を見かけたら勇気を出して声をかけてほしい。助けを求めているかもしれない」とメッセージをいただきました。


高田選手、大森選手の休憩時間も、質問攻め。親しく交流ができました。


中休みには、全校児童が校庭に集まり、高田選手のお話を聞きました。


高田選手と、5、6年生の代表選手と50m走。思い切り走る高田選手にびっくり。
「目が見えないのに怖くないのかな」と感想を話す子もいました。


すばらしい体験ができた一日になりました。


※本ブログ内にある広告等は、本校や本校の教育活動とは一切関係ありません。


この記事をはてなブックマークに追加

東大和児童作品展表彰式(12月4日)

2016年12月05日 11時16分26秒 | 学校の様子
第18回MOA美術館 東大和児童作品展の授賞式がありました。

夏休み中に取り組んだ作品を出品し、本校から3名の児童が入選しました。

【絵画の部】

6年生「よみがえった熊本城」(MOA美術館奨励賞)


今後、都庁や国立新美術館などでも巡回展示されます。
代表で、感想を発表しました。熊本地震からの復興の願いと「被災された方々を励ましたい」と熊本城を描いた思いを発表していました。


5年生「フラガール」(銅賞)
今後、東大和病院などで巡回展示されます。

【書写の部】

6年生「流れる星」(金賞)


今後、東大和病院などで巡回展示されます。


※本ブログ内にある広告等は、本校や本校の教育活動とは一切関係ありません。





この記事をはてなブックマークに追加

東大和市ロードレース大会(12月4日)

2016年12月05日 11時09分14秒 | 学校の様子
第51回東大和市ロードレース大会が都立東大和南公園と周辺道路で行われました。
小春日和で風のない天候のなか、走った選手は汗をかいていました。


8時15分の開会式。たくさんの来賓が応援に来ていました。


子供たちも集合しています。


男子は、4年生6名、5年生16名、6年生15名が参加しました。


女子は、4年生11名、5年生2名、6年生5名が参加しました。

全員2.5kmを完走しました。すばらしことです!!!

この記事をはてなブックマークに追加

5年生「総合【稲作体験:ゲストティーチャーによる授業】」(11月29日)

2016年11月29日 15時30分42秒 | 高学年(5・6年)
5年生が総合的な学習の時間で日本のお米について、年間通して取り組んでいます。
1学期には「バケツ稻」づくり、夏休み中は水やりと観察をしていきました。


今回もパルシステムからゲストティーチャーが2名来てくださいました。


脱穀した後のわらの使い道、日本人の知恵を教えてもらいました。


5年生が育てた稻。お米がついています。


農家の方が育てた稻。お米のつきかたが違います。


脱穀、籾すりの仕方を教えてもらいました。


指で脱穀。


すり鉢とボールで籾すりをします。


殻を息で吹き飛ばします。


きれいな玄米が残ります。

5時間目と6時間目を使ってがんばって籾すりをしました。それでもできあがった玄米は、学年全体で3合ぐらいでした。


※本ブログ内にある広告等は、本校や本校の教育活動とは一切関係ありません。

この記事をはてなブックマークに追加