めざせ百名画

旅行も山もどうもご無沙汰なので、現実的な映画鑑賞をテーマにしてみました(いい加減)

いつからサボってるんだっけ?😱

2016-10-16 05:01:01 | 日記
ブログを見直して確認。

10/13(木)

ですね。

インド映画がラインナップされてますが、20:50スタートです。

遅すぎじゃね?

日高屋で飲むにしても、時間があり過ぎです。

🙄

翌日は飯田橋で、神楽坂映画祭の前売り券を買う予定でしたが、これをくっ付けちゃうか?

…調べてみたら、タイトではありますが不可能では無いな。

まずは地下鉄とJRを乗り継いで飯田橋へ。

受付で前売り券を3枚購入します。

今回は会員も有料です。😔

ま、600→300円ですけどね。

昼間の回に来れば毎日トークショーがあるんですが、あいにく日程が合いませんでした。

そして2本立てのうちの1本を観ます。

もう1本は、会ったことも無い女性に惹かれていくラブストーリーでタイ映画なんですが、

どう考えても詰まらなそうだったので惜しくはありません。

213 神様メール

これだってどうかと思いましたが…

いきなりMさん好みのスタートです。

神様一家はブリュッセルに住んでます。(笑)

まず町並みを作り、次に生物を創造します。

キリン、虎、象…どれもピンときませんね?(ビルの間をこれらが歩いててもね)

神様の姿に似せて作った人間が一番しっくりきたようです。

神様の妻は夫の言いなりのおばさんで、一人娘が主人公です。

一度も家の外に出たことがありません。

あ、兄が居ました。

キリストだそうです。

居間の置き物になってますが、雑巾で擦ると喋ります。

神様は、自分の部屋のパソコンで人間の運命を弄んでます。

決して部屋には誰も入れず鍵を掛けてましたが、ある時娘が鍵を盗んで部屋に忍び入り、

パソコンをパチパチ…

人間全員に「余命メール」を送信してしまいます。(デスノートかっ)

神様(父)が怒るに決まってるので、兄(キリスト)に教わって洗濯機から外の世界へ脱出します…

今パンフレットを見たら、カトリーヌドヌーブが出てたのね?

名前からして美人さんの様ですが、誰だったんだろ?

娘は自分の使徒を探す旅に出ますが、合間にお茶らけキャラも出てきます。

何しろ自分の余命が分かってるんですから、その前には絶対に死にません。

不慮の事故ってのはありません。

その代わり、どんなに注意してても余命が尽きれば必ず死にますが。

「オレ、ノッチ!(仮名)オレの余命は60年!」

とか言いながら、ビルの屋上から飛び降ります!

バカですね?

死なないんですが。

エンドロールが流れても誰も席を立ちません?

余裕が無いのでサッサと出たいのですが、気になってそのまま座ってますと…

最後にまたノッチ(仮名)が出てきて、いい気になって爆弾に火を付けたら…

(;_;)やっぱバカですね。

しかし、どうしてみんなこのサービストラックがあるのを知ってるんでしょうか?

普通はゾロゾロ出て行くクセに。不思議です。

早足で駅に向かい、JRで渋谷へ。

宮下公園の方に映画館があります。

遅い時間なのに人が一杯いますね?

カウンターに並んでまずは今後の指定席を予約します。(前売り券は購入済)

2回共通路側をゲット出来ました。

急いでトイレを済ませて席に着きます。

214 エアリフト

感動の実話だそうです。

2016年上半期ボリウッド興行収入第1位!と言われれば期待しますよね?

反省しました。

こないだも、「人生スイッチ」を越えてアルゼンチン最高の売上!と言われた映画がガッカリ

でした。

この手の宣伝文句は注意して見なければなりません。

その国の人にとってはウケるのでしょうが、下地の無い外人が観て面白いかどうかは全く別問題です。

湾岸戦争の話です。

イラク軍が突然クウェートに侵攻してきて、身動きが出来なくなりますが、インド人が17万人も

居たんですね?

どうやって脱出するんでしょうか?

それもそうですが、そこら中でクウェート人が殺されてますね。

無差別に。

余程恨みが有りそうです。

死体がゴロゴロしてます。

見た所イラクだかクウェートだか見分けが付きません。

もっと言うとインド人だって判りませんが、これは彼等にとっては分かるんでしょうね。

日本人だって、韓国人や中国人って大体分かりますよね?(何か空気が違う)

そう言えば中東に入ると、みんなに「チンチン」蔑むような口調で言われたものでした。

バカでもチョンでもみたいな。

余程酷い事をしてるのでしょうね、チンさんは。

しかし人数が多過ぎます。

これだけの人を統率して動かせるものでしょうか?

動きの鈍いインド政府を突っつき、パスポートを持ってない人が多い中(これもおかしな話です。

海外では金よりもパスポートでしょ?なんで持ってないの?考え方が甘いんじゃない?もしかしたら

元々持ってない?)バスに乗ってイラク国内を抜けてヨルダンへ。

簡単に言いますが、何キロあると思ってるの?

ほぼ砂漠ですよ?

ま、破天荒であるだけにインド人にはウケるのかもね。

話の筋と関係無く突然全員で狂った様に踊り出すのがインド映画のいい所?なんですが、

欲求不満です。

さすがに戦争中に踊るのは自粛したようです。

上映時間も概ね2時間です。

インド映画はインターミッションがあるのが当たり前だったのですが、海外進出に向けて配慮

したのか、日本向けに編集したのか。

こんなモノじゃない筈です。

インドの底力を期待します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クライマックスとか | トップ | 振替休日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。