百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

加東の事務所で一日 竹細工の色トンボ

2016年10月15日 04時09分38秒 | 日記
 14日(金)、今朝も寒く感じるほどだった。朝のウォーキング、棒振り、ラジオ体操、そして登校見守りで一日が始まった。ラジオ体操は家の前、向かいの美容院の大きなガラスドアに映る姿を見ながらやる。
 写真は、玄関に飾っている竹のトンボ。先月、うれしの学友会の作品展を訪れた時にいただいたもので、見事な竹細工で、トンボは赤や水色など彩色されている。

 事務所で事務整理や議会事務局との連絡、後援会長さんと打合せなどで午前が過ぎた。午後は、市内を回り、その後は事務所で事務整理の続き。市内の区長さんや支援者の方が来所された。

 夕方、隣の専業農家の倉庫からわが家の新米の袋を運ぶ。一輪車に4袋ずつ積んで玄関へ、そこからは妻が保冷庫へと連係プレイで収納する。30キロの袋を持ち上げたり運んだりは結構な力仕事だ。今年もこれで米作りが終わった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北播磨政経懇でアメリカ大統... | トップ | ストップ・ザ・無縁社会-県... »