百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

加古川改修促進期成同盟会総会

2017年07月11日 04時32分07秒 | 日記
 10日(月)、朝短時間ウォーキング。そして登校見守りに立つ。
 10時、小野市のエクラ交流館で開催された加古川改修促進期成同盟会の総会に出席した。流域市町の関係者が出席し、加古川改修の促進について今年度の取り組みを協議した。会長の安田加東市長の挨拶に続き、渡海紀三朗衆議院議員、釜谷研造県会議員をはじめ、国交省、県関係者が挨拶を述べた。折しも九州北部で記録的豪雨災害が発生しており、いつどこで発生してもおかしくないことをあらためて認識するとともに加古川改修をさらに促進していく必要性を確認した。
 今日は事務所で事務整理をしながら、閉会中の国会審議のテレビ休憩を視た。加戸元愛媛県知事の四国に獣医学部を誘致するという悲願実現に向けての経緯について実に現場責任者の切々たる思いの吐露が一番心に響いた。獣医学部の新設を認めないという岩盤規制をドリルでこじ開けるには、国家戦略特区でしかなく、また、獣医学部の誘致に手を挙げたのは加計学園だけだったこと、関東と関西の獣医学部の遍在、世界の水準に遅れない獣医学部を目指したこと、など熱情あふれる答弁だった。すべてこの加戸さんの一言につきるという感じだった。
 午後の事務所には後援会長さんや印刷業者の社長が来所され、いろいろ話が弾んだ。
 九州の被災地ではボランティアの受け入れが始まったようだ。事務所に救援募金箱を設置することにした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県ソフトボール協会常任理事会  | トップ | 人工知能と地域創生-自民県... »