百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

加東市内を巡る 

2017年05月16日 04時26分51秒 | 日記
 

 15日(月)、今朝は忠魂碑、佐保神社、大師殿の定番コースを歩き、登校見守りに立った。明治館や佐保神社の木々の若葉の勢いが凄い。アオサギも悠々と飛んでいる。
 今日は加東市で一日を過ごした。事務所、掛かりつけ医、そして、市内各所を巡回した。時間がある時はできるだけ市内を車で巡回する。人だけでなく、自然や田圃、街の姿を見て回りながら、話したり、その変化を見つけることができる。今日も新たな発見があった。
 ところで、14日早朝の北朝鮮のミサイル発射は、発射角度によっては数千キロを飛ぶいわゆる中型の大陸間弾道弾だったようだ。北朝鮮はミサイル開発、核開発をやりたいようにやっている。また、北朝鮮はソウルや東京にミサイルを撃ち込むと公言するなどその軍事的脅威は大きくなっている。日本は今回の新型ミサイルのような高々度の軌道のミサイルを迎撃できるのかどうか。日本を取り巻く軍事情勢は今や大きく変化し、これに対応する新たな国防体制を早急に整えなければならない。日本の独立(主権)を守り、国民の生命と財産を他国からの攻撃、侵略から守るためのあらゆる方策を講じなければならないが、そのためにも国防の最前線であり、最後の砦である自衛隊が存分に能力を発揮できるように環境を整えておく必要がある。
 写真は14日(日)の加古川改修事業滝野地区起工式会場への道路に掲げられたこいのぼり。
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加古川改修事業滝野地区着工... | トップ | 叙位伝達 代表者会議や議運... »