百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

この世界の片隅に-滝野文化会館盛況

2017年07月31日 05時16分20秒 | 日記
              

 30日(日)、早朝、雷と激しい雨が降った。午前は事務所で書類などの整理。午後、加東市滝野文化会館で開かれた映画会に。話題となった「この世界の片隅に」が上映され、会場は満席に近い盛況だった。
 戦時中に広島県の呉に嫁いだ「すず」が主人公のアニメ。軍港呉の風景や戦時中の暮らしを描いた絵が素晴らしく、また、呉大空襲や広島の原爆のようすもリアルに描かれていた。敵機による機銃掃射の場面や焼夷弾、原爆投下直後のようすを呉から見た、感じた場面は実感的だった。そして、何より、「すず」さんが戦時下の呉の嫁ぎ先で生き、体験したことがそのまま伝わってきた。
 呉港、海から見た傾斜のある風景、自衛隊施設(旧海軍鎮守府)を訪れたことがあり、その時の印象が映画の絵によみがえってきた。母も、最近103歳で亡くなった叔母らが生きた時代。女性はあの戦争の時代を必死で生きた。平凡で普通、すこしぼんやり屋のすずさん。淡々と一日一日を生きてきたすずさん、女性のたくましさを母等の思い出とともに感じた映画だった。
 夜は叔母のお参りで御詠歌をあげた。60年前にはこの母の実家で母や叔母、従兄弟らと写真を撮ったんだと懐かしく思い出した。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党県連大会 上田地区夏... | トップ | 県政資料Ⅳ集-加東四国・議会... »